中国語の学び!ボポモフォとは?


ピンインから学ぶ中国語

漢字に馴染みのある日本人からすると中国語への取り組み方として漢字から入ってしまうケースが多いようだ。

当然と言えば当然な気がする。

だが漢字に集中してしまうあまり、発音や声調がおろそかになり、読み書きは出来るが、話す聞くが出来ない中国語学習者が非常に多いとのこと。

読み書きだけ出来ただけでは何の意味もなく、外国人と話すことの出来ない、英語学習者と同じ末路を迎えてしまう。

せっかく漢字というアドバンテージがあるにも関わらずそれではあまりにももったいない話だろう。

勉強の進め方として、まずピンインや声調を抑えて、最後に漢字で書くとどうなるんだろうといった具合でやってみたいと思う。

本ブログを書く前にピンインから覚えていくとどうなのかと思ってやってみたが、全くわからなかった。前途多難だなぁこれは。

導入ピンイン ~ボポモフォ~

唇音と呼ばれる子音「b, p, m、f 」。

母音の「o」と組み合わせて練習されることが多いという。

子音 「b, p, m、f 」と 母音の「o」を組み合わせると 「ボポモフォ」となり、今回練習する内容となる。

「 b 」の音は「ば」のような「ぱ」のようなその中間の音となる。

母音の「o」をつけて 「 bo 」。

「ボ」のような「ポ」のようなその中間の音が出ればよい。

「p」の音は「プハ」のように息を吐き出し「b」を多少強く発音するとよい。

「m」の音は日本語の「マ行」の音に近い。

「f」 の音は英語の「f」と同じように下唇を軽く噛んで息を抜くイメージ。

なんか出来たような出来ていないようないまいち分からないが、とりあえずボポモフォを知った。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ