海外でのタクシー利用はUber(ウーバー)がオススメな理由3つ

安全で料金もはっきりとしたUber(ウーバー)の利用


マレーシアを始めとする海外でタクシーを利用する方にUber(ウーバー)をご紹介したいと思います。



海外旅行に行くとタクシーを使うことは少なからずあると思います。

タクシーと聞くと、
行き先をうまく伝えられるのか、
料金メーターはちゃんと使ってもらえるのか、
安全性はどうなんだろう、

と、色々と不安は尽きないかと思います。


こちらでは行き先指定・料金・安全性の3つの観点から、
マレーシアを始めとする海外でUber(ウーバー)がオススメできる理由をお伝えしたいと思います。


スポンサーリンク




Uber(ウーバー)とは


日本では試験的にしか実施されていないかと思いますが、
海外ではすでに一般的なサービスです。

スマートフォンのアプリでタクシーを呼べる画期的なサービスなんです。

しかも車は高級車から一般的な乗用車まで幅広く選ぶことができて、
ほとんど新車を使っているかのようなキレイな車です。

車内もキレイでドライバーも友好的です。

行き先はスマホで指定


Uberのいいところは自分の現在位置そして行き先をスマホ上でドライバーにお知らせすることが出来るんです。

どこかのカフェでお茶しながら、
Uberを呼んでお店の前まで来たら乗り込むような事も出来ちゃいます。

英語で無理に行き先を伝える必要もないんです。

Uberが来たら、ドライバーがどこどこに行きたいんだよね?って
聞いてくるので、合っていればただ"YES Please"というだけです。
基本間違えることはありえませんが、行き先は神経を研ぎ澄ませて聞き取りましょう。

特に我われ日本人には持ってこいのサービスなんです。


Uberの予約時に料金確定


さらにいいところは行き先を指定した際に料金が先に表示されるんです。

料金価格に納得が出来れば予約すれば大丈夫です。

よく海外で起こるトラブルとして、
料金メーターを使用していないや、
メーターの進むスピードが早いという話がありますが、
Uberではその手のトラブルとは無縁なんです。


お支払いもスマホで


Uberはスマホの利便性を最大限に利用しています。

Uberサービスの支払いをスマホ上で登録したクレジットでクレジット払いが出来るんです。

海外でおサイフを出して、
現金を見せるのってできれば避けたいシチュエーションですよね。

また、日本では滅多にありませんが、
海外ではドライバーがお釣りを持っていないことが稀に起こります。

Uberのドライバーは私たちのような一般人が、
生活のメインの収入源にしたり、パート感覚でやっているので、
考えられる事態ではあります。

フィリピンにいた時、普通のタクシードライバーが、
お釣りを持っていないと言って、
ガソリンスタンドに寄ってお金をくずしていたので、
時間の無駄ですし、慣れないとどこに行くのか不安になったりしちゃいます。

マレーシアでそんな状況に陥ったことはありませんが、
念のためです。


スポンサーリンク



Uberが安全性を保持できる理由


Uberで使用される車そしてドライバーが友好的で安全性が高いと言える理由があります。

それはドライバーと利用者が相互に評価できるシステムです。

目的地まで到達したのち、
スマホ上で星5つからシンプルに互いを評価出来るんです。

つまり、ドライバーが危険で車が不清潔と利用者に判断されると、
星の数が少なくつけられてしまいます。

ドライバーに聞いた話では、
星2つや3つが多くつくと、UberよりUberドライバーの資格を外されるか、
再申請しないといけないと言っていました。

逆に私たちはドライバーから評価されているようなんです。

利用態度が悪いと、評価がどんどん下がっていきます。

ドライバーにはその情報が伝わるので、
Uberを呼ぶ際にドライバーが来てくれない事態に陥ります。

こういったシステムにより、
Uberの品質が保たれているんです。

マレーシアのUberはとても清潔でドライバーもとっても親切です。

たくさん話しかけてくれてオススメのお店や観光地を教えてくれたりします。
ドライバーによってはずっと話してるので、
そんな話してくれなくてもいいのにと思ってしまうくらい^^


ちなみにですが、
私たち外国人はマレーシアでUberドライバーにはなれないそうです。

海外からの出稼ぎ労働者が増えてしまうからですね。

私の儚い野望が一つ消えた瞬間でした^^;


スポンサーリンク


必見!値切りのコツ!香港ナイトマーケットin女人街!

必見!香港ナイトマーケット/女人街!


香港と言えばナイトマーケットですよね!

日本で言うところの出店ですね。

夜になると催される東南アジア各地の風物詩のような気もします。

香港ならではのナイトマーケットもとても刺激的でした!!
香港では女人街(ナイヤンガイ)と言う名称で呼ばれていて、
その名の通り、女性中心に賑わっていました。

女人街とは対照的に男人街(ナンヤンガイ)という通りもあるんですよ!

スリはどこの国でも起きるので安全に気を付けて行きましょうね^^

私の友人は警戒し過ぎて、スマホまでホテルにおいていました。
写真取らないのかなぁと不思議でしたが、
それくらいの警戒心があっていいのかもしれませんね!

あっでも、カバンに入れておけば大丈夫ですので、
スマホとサイフは持って行きましょう^^;


ナイトマーケット/女人街までのアクセス


ナイトマーケット/女人街はこちらです


Kaneekawa restaurantと言う位置がナイトマーケットのスタート地点になります。

地図上では簡単なんですが、
実際に市街地に行くと右も左も同じに見えて、
中々たどり着けないケースも出てくるかと思います。

夜も更けて来て夜道をウロウロってあんまりしたくないですよね。

ここではタクシーを使うのも悪くないと思います。

地図上、左に見える奥運(オリンピック)駅が見えるかと思います。

奥運(オリンピック)駅が通っているのは東涌(とぅんちゅん)線という路線なんですが、
空港やディズニーランド、香港市街まで通っている使い勝手のいい路線なんです。

東涌(とぅんちゅん)線の特色はこちら

東涌(とぅんちゅん)線沿線のホテルに泊まっている方であれば、
5分から10分くらいでタクシーなら着いちゃいます!

もちろんバスやローカルの交通機関を利用するのも、
旅行を楽しむやり方ですし、ぜひおススメしたいです^^

タクシーに限らず全ての交通機関利用者に共通しますが、
外出の時はホテルの名前や住所が入ったカードを必ず携帯するようにしましょう。

変に現地の言葉や英語を使うより、
地図や地名を見せた方が早くて間違いないです!!


ナイトマーケット/女人街を行く


さぁナイトマーケットを闊歩しましょう☆彡

人混みがすごいのではぐれないように気を付けて!


まずはゆっくり品定め




































ナイトマーケットでお得に商品を手に入れる方法


大体相場は100~120香港ドルくらいが落としどころでした。
あきらめず値切ってください^^

値段が下がりきらなかったら、
ありがとうまたねって言ってどこかに行ってみましょう。

するとありがちですが、
それなら分かったと言って、ラストプライスを提示してきます。

そこからさらに値切れるかはあなた次第です^^












最後の人混みを抜けるといかにもな香港のネオン街が煌々と光を放っていました。




















よく見るとネオンを競い合っているのはドラッグストアーなんですね!

なんでドラッグストアーがあんなにネオンギラギラなのかは分かりませんが、
商品に差がない分、やはり宣伝力が競いどころなんでしょうか。


あまり遅くならず、安全に香港ナイトをお過ごし下さい^^☆彡


香港からマカオへは高速フェリーで1時間!安全・快速の日帰りもOK

香港からマカオへ!フェリー乗り場への行き方


香港からマカオへは高速フェリーで行くのが一般的です。

フェリーと言われてもあまりイメージが付かないと思うので、
フェリー場までの行き方、手続き等を説明したいと思います。

ちなみにフェリーと言えど、
パスポートは必須です!!

必ず携帯するようにしてください。


スポンサーリンク


空港や香港ディズニーリゾートからの行き方


香港の路線図は以下のようになっています。



見てもらうと分かりますが、観光客にも分かりやすい路線図になっているかと思います。

写真上、赤く〇が付けらえておりますが、
香港駅を見つけて下さい。
いずれにしろまずは香港駅に行かないといけないんです。

でも、空港や香港ディズニーリゾートからマカオに旅行に行こうと考えられている方もご安心ください。

空港から香港駅へ ⇒ 緑色の路線に乗ればOK!
ディズニーリゾートから香港駅へ ⇒ 最初にピンク色、そしてオレンジ色の路線に乗りかえればOK!
30分から40分くらいで香港駅に到着です!

終点の駅になるので、心配せず外の景観を楽しみましょう☆

香港駅からフェリー場へ


香港駅に着きましたら、まずは地上に出て下さい。
港澳客輪埠頭(マカオフェリーターミナル)のある赤い建物の信徳中心ビルに向かって下さい。

香港駅でマップや駅員にだいたいの方角は聞いておくことで、
より間違いは減ると思います。

チケットの代金・購入


チケット代 : 片道 100香港ドル
      : 往復 200香港ドル

念のため、往復分のチケットを購入しておいた方がいいと思います。

旅先では何があるか分かりませんし、
帰りのチケットの購入に伴う混雑を避けられるかもしれません。

購入は下のおじさんが直に販売していました。


時刻表も分からないなりにちゃんと確認しましょう。
”澳門”と言うのが”マカオ”になります。



フェリーは30分毎に夜中の1時まで出ているそうです。

あまり夜遅くの便はおススメできませんが、
最悪のケースでもなんとかマカオから香港、
もしくは香港からマカオへとお住みの方へ戻ることは出来そうです。


スポンサーリンク



出港審査を受けます


こちらは香港を出る時です。



こちらはマカオに着いたときです。



通過後はフェリーの出航ゲートを探しましょう



フェリーへと乗り込みます!







フェリーの中はこんな感じ


スーツケースを持ち込んでいる方も多かったです






座席も広くてきれいで1時間の航海には十分な環境です!

座席は指定席でした。



フェリー内では入港・出港カードを渡されるので、
記入後、忘れないようパスポートと一緒に所持して下さい。


ここまでくればもう大丈夫です!!

マカオでは香港ドルも使えるので、
安全に気を付けて旅行を満喫してください☆



香港・マカオおススメの記事です。

香港ディズニーランドにご興味のある方はこちらをどうぞ!





スポンサーリンク



不評な香港ディズニーランドに行ったら日本人だらけ!その実態は?

実はちゃんと愛されている香港ディズニーランド


香港ディズニーランドの評判は良くも悪くも聞いたことがありませんか?
実際に行ってみると多少質素というか、東京ディズニーランドがゴージャスという印象です。

ただ、人は少ないので、1日もかけず全てのアトラクションは楽しめます。
なんだかんだ日本人だらけなので、変な安心感もあり、
どこに行っても結局ディズニーは愛されているんだなぁとつくづく思いました。

アクセスの容易さや価格の観点から見ても観光客の集客を意識したエンターテイメントを演出しているのかなぁと思います!




スポンサーリンク



香港ディズニーランドの価格


価格帯から見てみましょう☆
入園料は以下の通りです。(2016年2月)

香港ディズニーランド : 8300円

その他ディズニーランドの入園料の価格
東京ディズニーランド : 7400円
パリディズニーランド : 10,800円
上海ディズニーランド : 8200円
ウォールトディズニーランド : 12,500円

アメリカ本土のディズニーランドやパリに比べれば安価ではありますが、
アジアだからといって香港ディズニーランドの入園料は決して特別安価というわけではありません。

※東京ディズニーランドが一番安価となっているのは円安の影響を受けているためです。

基本的に香港の物価は日本と大して変わりません。
費用面に関しては日本に行く場合と同じか多めに予算を持って行くことをおススメします。

香港ディズニーランドまでのアクセス


香港ディズニーランドまでは空港からも香港市街からもアクセスしやすく整備されているんです。

香港ディズニーランドへのアクセスはこちらをどうぞ


香港ディズニーランドに入園


ミッキーの顔をしたお花畑がお待ちかね^^!



お花畑を過ぎるとメインストリートUSA!!
そして香港ディズニーランドで最も混むイベントがあるんです。

ミッキー、ミニーとの記念撮影!


香港ディズニーランドは噂通りスカスカなんですが、
ここだけは別です!

めちゃくちゃ混みます。

ただここに並んでいる間驚いたことは前も後ろも日本人!

なんだかんだ言って、日本人ってディズニーランドが大好きみたいですね。

日本人だらけの列に並ぶこと1時間半、
最後にはミッキーにも会えますよ



ただ、最初のお客さんにはたっぷり時間を取って、
散々待ったあげく、最後は1組30秒くらいでサクサク写真を撮って終わりです。

このあたりが香港ディズニーランドの評判を落とすのかなぁって思いました。

団体で行く場合はミッキーとの撮影所の前に汽車が停まるので、
交代交代で汽車に乗るのも楽しいと思います。

ディズニーランドをくるっと一周しちゃいましょう



でも一番のコツは入園と同時に走ってミッキーまで行くのがベターです。
間違いないです!
ここで並ばなかったら、15分以上並びことは香港ディズニーランドにいる間はないんです。

ちなみに私が行ったのは金曜日でした。


メインストリートUSA


ミッキーとの写真を撮ったら、おなかも空いていると思うので、
メインストリートUSAで昼食を取るのがいいと思います。



ミッキーのワッフルがおいしかったです!



「イッツ!スモールワールド!」




並ぶことはないのでドンドン先に進めます。


ジグザグ進むのが逆に大変に感じるほどです。
真っすぐ進ませてくれればと何度思ったことか。

贅沢な悩みってもんですよね。

アトラクションを楽しみましょう!


なんとも言えない不思議な空間で飽きることがなかったです。

イッツ!スモールワールドを出れば同じみのこちら




なぜか結構並んでる人が多かったんですね。
国民性によって趣向って変わるもんですね!


スポンサーリンク



トイストーリーランド


そのまま左の方に進むと、トイストーリーランド!



これは香港ディズニーランドを一望できるので乗ってみる価値ありなんです!



ミスティックポイント




以外性があった分ミスティックポイントは最高でした!


ストーリに合わせてトロッコのような乗り物進むんですが、
本当に最高でした!

4Dっていうんでしょうか、
4次元に音、映像、光をうまく使って非日常生活を味わえること間違いないです!!
必見です!


そしてグリズリーガルチへ


東京ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンですね!

ただ、内容はもっと過激です!

渓谷の隙間を縫うように掛けめくった後、
最後の峠を越えて下るのかと思いきやまさかの。。。。!

乗ってみてのお楽しみでございます!


ライオンキング


ライオンキングのショーが見れるというのも楽しみの一つです!
さすがに多少は並びますが、
少し並んだだけで、最前列から2列目!

日本ではまず考えられないですよね!

並ぶ時間が短いというのは想像以上に多くのことを恩恵を受けれるんですね!

アドベンチャーランド


ガイドは中国語と英語に分かれます。
言語によってボートも分かれるんですね。

ワニもゾウもカバもみんなリアルで迫力があるんです!


そして最後は眠れる森の美女の城


シンデレラ城ではありませんが、イルミネーションにより、
夜の女王のように美しく照らし出されます。




まとめ


スタッフの態度や細かな点を言えばキリがないかもしれません。

東京ディズニーランドの方が豪華だと思う方もいるかもしれませんが、
元々の敷地も予算も違うんです。

コンセプトの全く違うディズニーランドだと思えば何も気になることはないと思いました。

なにより並ぶ時間が短いこと!

時には並ぶことのないディズニーランドにきて、
好き放題歩き回れるディズニーランドを満喫するのもいいかなぁと思いました。

アトラクションは本当に楽しめちゃいました☆




スポンサーリンク


香港の宿泊におススメのアクセス・食事・安全を網羅したベストホテル

ホテルでお困りのあなたにおすすめ


日帰り旅行を計画するチャレンジングな方から2,3泊はして香港・マカオを旅行したいと言う方まで様々かと思います。

ここではおススメする宿泊先のエリアをご紹介します。

宿泊先を探すときって、決めるまでに結構迷ったりしちゃいますよね。

・価格
・場所(安全性)
・アクセス
・食事
・景色

等々、上げていけば切りがないかと思います。

良い場所を選ぶと予算を超えてしまったり、
安いホテルを選びすぎるとちょっと裏通りの薄暗い通りにあるホテルだったり、
そんなことをしていたら、旅行直前になって、結局割高なホテルを選んだりしてしまうことってないですか。

私はいつもそんな感じなんですが、今回香港に行ったときはまぁまぁオッケイかなというホテルに当たったので、
参考にしてみてください。

スポンサーリンク


宿泊するならオレンジ色のライン


香港にはいくつか路線が走っています。

これが香港の路線図になります。

オレンジ色のラインの路線を見て下さい。

一番左の東涌(とぅんちゅん)駅から最後の香港駅まで通っている東涌線(とぅんちゅんせん)という電車です。

よく見ていただくと分かるんですが、
東涌(とぅんちゅん)駅方面に行けば空港に行けますし、
途中には香港ディズニーランドがあります。
そして最後には香港駅が待っているというすごい使い勝手の良い路線なんです。

私はこのオレンジ色東涌(とぅんちゅん)線にある奥運(オリンピック)駅最寄りのホテルに滞在しました。

せっかく香港に来ているのに香港ディズニーランドだけじゃ物足りないですよね。
香港の夜景だってみたいし、オーシャンパークやマカオにも行きたいって思っている方もたくさんいるんじゃないでしょうか。

そんな方にはオレンジ色東涌(とぅんちゅん)線沿線にあるホテルを本当におススメしたいんです。

奥運(オリンピック)駅ってどんなとこ?


奥運(オリンピック)駅はこんなところです。

思いっきりオフィス街なんですね。

でも、タクシーで10分も行けば夜はこんな感じです。


まさにイメージ通りの香港を彷彿とさせるネオン街。

歩くからこそ感じる現地の空気感


奥運(オリンピック)駅からタクシーに10分も乗ればネオン街ですが、
歩いて10分行くと香港のリアルな現地の雰囲気を楽しめます。


結構薄暗くて建物は縦に高くそびえ立ち、
窓はせまい間隔でついているのが分かります。

はたから見ただけでも、部屋の中は決して広くはなく、
日本以上に手狭な場所に快適さを求めて住んでいるのがすごい伝わってきました。


マレーシアの友人の話では香港の人が土地付きの家を買うと3世代に渡って支払い続けないといけないみたいです。

日本人として日本に生まれ育ったことってすごい恵まれているんだとあらためて感じる瞬間です。

ここはほぼ市街地の真ん中付近なので、家賃も相当高いんだろうなぁと勝手に思うところです。


夜景や食事は抑えてローカル食を満喫


ホテルでのおいしい食事も旅行を盛り上げる一つのスパイスではありますが、
ローカルの食事を楽しむのも粋なものですよね。

路地を歩きながらおいしそうな食事処を探します。


本場の餃子が食べたかったので色々物色していると面白い餃子に出会いました。


ミルク仕立てのスープの中に入った餃子です。

日本では食べれない料理で口当たりも良くおいしかったです。

体も温まって最高!

香港のホテルは高いんです。


香港の物価が高いというのは聞いたことがあるかもしれません。

日本と同じかそれ以上ですね。

郊外のベッドルーム1つという間取りで香港ドルで10764.29です。
日本円換算すると15万7,619円です。
これが平均的な郊外の1か月のアパートの家賃です。

普通に考えたら暮らしていけないですよね。

私が止まったホテルは奥運(オリンピック)駅から歩いて12,3分の
ドーセット モンコック ホンコン(Dorsett Mongkok, Hong Kong)というホテルです。


約1万1000円くらいでした。

部屋に入ると曇りガラス越しにすぐトイレとシャワーがあって、
キングサイズのベッドが置いてあります。

トイレとシャワーが部屋の一部になっている分、
多少手狭ですが2,3泊するならなんの問題もないと思います。
サービスのボトルウォーターも毎日付くので安心です。

朝食は食べていませんが、おススメしません。

ホテルの前にはセブンイレブン、マクドナルド、
そして、ローカルのレストランが朝からやっているので、
ぜひ本場の中華にチャレンジしてみて欲しいです。

特別辛いということもなく、日本で食べる中華に似ているなぁという印象なんで大丈夫ですよ!

ドーセット モンコック ホンコン(Dorsett Mongkok, Hong Kong)ホテルの最高に良いところは、
スマホの貸し出しがあります。

数日のためにSIMカードを購入するのは結構戸惑いますよね。
ましてや海外のスマホを持っていなかったら尚のことです。

ポータブルのWifiを日本の空港で借りることも出来ますが、
現地のスマホを使えるというのは心強いです。

デザリングも出来たので、一緒に行った人のスマホもインターネットに接続できたので、
心強かったです。
海外でインターネットに接続できないと不安ですもんね。

香港はいい意味でこじんまりとしていてインフラも整っているので、
旅行で行くには最高の都市でした。

ホテルを探すならオレンジ色東涌(とぅんちゅん)線沿線のホテルをおススメしたいです。

ローカル食も含め楽しんでください☆


香港ディズニーランドまでの行き方はこちらです。


スポンサーリンク


日帰りだって安全・安心!空港から香港ディズニーランドまでの行き方

香港ディズニーランドってどうなんでしょう


香港ディズニーランドって聞いたことはあるけど実際のところよく分かりませんよね。
安全面や価格、香港ディズニーランドまでのアクセス方法など考えるだけで、二の足を踏んでしまうんではないでしょうか。
近いようで遠く、行ってみたいけど行くきっかけがなかなか無いという方に必見だと思います。
実際に香港ディズニーランドに行って見ました。
アクセスも分かりやすくディズニーランドも結構楽しめたので参考にしてみて下さい。

香港国際空港から香港ディズニーランドまでのアクセス方法


空港やお泊りのホテル等、様々のところから香港ディズニーランドへ行かれると思います。
タクシーやバスで行こうと考えられている方いるかもしれませんが、
ここでは電車をおススメしたいです。

香港のインフラは十分完備されており、いい意味で思ったよりこじんまりしているので、
日本のように無数の鉄道が走っていないんです。
すごいシンプルで電車も頻繁にくるのであまり待つという感覚はありません。

日本に来る外国の方はよく東京ディズニーランドまでたどり着けるなぁと尊敬します。

電車の路線図は以下の通りです。
全部でこれだけなんですね。
香港はロンドンやとニューヨークと並ぶ世界三大金融センターのひとつと評価されているんですからすごいですよね。

余談ですが、シンガポール、マレーシアは香港よりも西の方にあるんですが、
香港のStock marketに時差を合わせているため、朝7時になってもまだ真っ暗です。
(本来は6時の暗さなんですが、香港に合わせているため7時になります。)
面白いアジアの時差


香港ディズニーランドに行かれる方は下のズームアップした路線図を見て下さい。
香港ディズニーランド : スターマークで記しました。
空港と香港の町    : 〇で囲みました。 


見ていただくと分かるんですが、
空港から香港ディズニーランドまではすごい近いんですね。

空港からでした濃い緑色のラインの電車に乗って1つ目の「青衣」(Tsing Yi)という駅に行って、
オレンジ色のラインの電車に乗り換えて下さい。
そしたら、また1つ目の「欣澳」(Sunny Bay)という駅に着けば後はディズニーランド行きの電車に乗り換えるだけです。

ちょっと乗り換えは多いように感じますが、1つ目の駅で乗り換えるだけですし、
路線は色で色別されているので分かりやすいんです。

欣澳」(Sunny Bay)まで行けばあとは迪士尼線(てきしじせん/ディズニーせん)があなたを夢の国に連れて行ってくれますよ。


香港ディズニーランドの駅


ようこそ香港ディズニーランドへ



香港で宿泊先をお探しの方はこちらへ

スポンサーリンク


カテゴリ:香港  [コメント:0]

ページの先頭へ