【必見】常夏フィリピンに学ぶ電気代を抑える5つの驚くべき節約方法

電気代を抑える方法

一般的な家庭に占める電気代は、毎月の公共料金の大部分を占めているんです。
特に夏の電気代は高くなる傾向があるが、実は夏に限ったことではない。

季節どうこうではなく、電気代は快適さや利便性を求める限り常につきまとう問題でもありますね。

しかし、節約のコツを知り少しでも電気代を落とすために、
これまでの習慣を変える気があれば何も問題ではなくなるのです。

冷蔵庫、照明器具、空調ユニットが最も電気代に影響を与えるので、
これらの家電に注目して節約方法を見出していきたいと思います。

スポンサーリンク


冷蔵庫はある程度いっぱいにしておく


冷蔵庫は家庭用電力の15〜20%を消費すると言われている。
購入する時の価格だけではなく、四六時中電気代を消費することを考え、
各メーカーが打ち出す冷却効率や電気の消費量についてもよく目をやっておこう。

なぜ、冷蔵庫を物である程度いっぱいにしておいた方がいいのか?


冷蔵庫を開け閉めするとその分部屋の温まった空気が冷蔵庫内に入り、
冷蔵庫内が温まってしまうことが考えられる。

では冷蔵庫内がからっぽだった場合どうなるだろう。
ドラを開けた瞬間に冷えたはずの空気が全部外に出てしまう。
そして代わりに冷蔵庫の中には温かい空気がいっぱいに入っている。

それをまた冷やすなんて考えるだけで電気代の無駄だ。

冷蔵庫を使った節約方法




冷蔵庫内の空気を冷えたままにするため、
冷蔵庫内に水を入れたボトルをいくつか入れることをオススメしたい。

この方法を取ればドアを開けするたびに外に出てしまう冷蔵庫内の空気の量を少なくすることができる。

ただ、入れすぎても逆効果であることはお察しの通りである。
ボトル内の水を冷やすことに電気代を取られては本末転倒である。

適度に空いたスペースをボトルで埋めるくらいのイメージでいいかと思う。

スポンサーリンク


大きなエアコンの設置は避けよう




夏になるとエアコン無しというのはちょっと考えにくい。
言わずと知れた家庭の中で最も不可欠な家電と言ってもいいだろう。

ただ、快適性を得るには電気代という代償は常につきまとう問題と言えるでしょう。

部屋のサイズにあった適切なエアコンをまず選択することが節約への根本的な第一歩である。

一般的に10m2以下の部屋であれば、従来型のウインドウエアコンなんていかがだろう。
電気代もそんなにかからないし、タイマーもついているので使いすぎということもないだろう。

取り付けがちょっと素人には難しいという人もいると思うので、
業者による取り付け工賃も費用に含まれているかよく確認しよう。

ただ、防犯対策も合わせてよく確認しておく必要ありですね。

18平方メートくらいある部屋では、自動温度調節付きのエアコンにしよう。
つまりは一般的に家庭で見るエアコンのことだ。

大きな部屋では自動で風量、温度を調整してくれるタイプの方が、
リーズナブルに快適な温度環境を整えてくれるでしょう。

スポンサーリンク


グッドバイ白熱電球、よろしくCFL




ちょっと安価だからといって白熱電球をまだ使用していませんか?

多少初期コストはかかるかもしれないが、コンパクト蛍光灯(CFL)は、長い目でコストパフォーマンスを考えるとCFLがオススメ。
CFLは8倍長持ち。

白熱電球よりも75%も少ない電気量消費なんですね。
厳密にはには、16ワットのCFLは、60ワットの白熱電球と同じ明るさ。

みんな使ってるIH


もうだいぶ主流になってきているIH。
ガスコンロと比較するとIHの導入は初期コストに響いてくる。

しかし、CFLもしかりIHはより安全でより電気代も抑えることができるんです。

さらにIHであればガスコンロと比べると部屋の温度はそう上がりません。

つまりは、冷蔵庫を開けた時に冷蔵庫内に流入する空気やエアコンで冷やさなければならない空気を余計に温めるということはないのです。

電気代を計算する




当然でありもっとも大事なのが電気代の計算。

やっているようでやりきれていないのが問題。

いつ、どの家電で、誰が、なぜ、何のために電気を消費したのか?
一度でいいから考えてみてほしい。

そのための時間は電気を節約する以上に大切なことだ。

スポンサーリンク


あなたのための仕事選び!海外を参考に避けた方がいい求人ベスト6

海外と日本は違う?将来ロボットに仕事が奪われそうな9つのJOB


ライトアップされた圧巻のパゴダ!ミャンマー旅行なら必見の観光地

シュエダゴン・パゴダ

ミャンマーに旅行を考えている好奇心旺盛な方にパゴダに行くことをオススメします。

パゴダというのは日本語では仏塔と書き、お釈迦様の遺骨等を安置する一種の構造物。

ミャンマーにはいくつものパゴダがありますが、
ミャンマーのヤンゴンに行かれる方にシュエダゴン・パゴダをご紹介します。

シュエダゴン・パゴダはヤンゴンの中心部位置しており。

ヤンゴンのホテルやモーテルにお泊りの方なら簡単にパゴダまでアクセスすることができるんです。

ヤンゴンのチャイナタウンに泊まっていたので、
チャイナタウンからパゴダまで行きましたが、
すぐについてしまった印象です。

空港からヤンゴン市外に向かう途中で大きな仏塔が目に入るので、
だいたいの位置も頭に入れておくことが出来ます。

スポンサーリンク


外国人には入場料


シュエダゴン・パゴダまで着いたら、
入場場所がちょっとことなります。

正面入り口とは別にもう一つの入り口があります。

外国の方向けの入り口ですね。

当然、我々日本人も外国人向けの入り口に行きます。

入場料は8000MMK(ミャンマーチャット)

日本円で650円くらいです。

海外あるあるで、通貨の強さや、
経済の発展状態により、
時に通貨の使用する桁が1桁違う時がありますよね。

10000円を換算しただけでも国によって以下のように全く違います。

マレーシア : 400RM
フィリピン : 4,500PHP
タイ    : 3,000THB

ミャンマーにおいては123,000MMKです。
※正確な換算価格は適切な情報、最新のレートに従ってください。

他の東南アジアの国々と比べてもこれだけ大きく異なります。

実際、ミャンマーのヤンゴン国際空港に到着した時も30,000円ほど換金しましたが、
かなりの札束みたいになってしまい、困りました。

換金所のスタッフにもリッチと言われる始末。

途上国ではキャッシュが強い力を発揮するため、
念のため、多少は多く持ちたいところですが、
ミャンマーに渡航される際は必要経費をある程度予想できれば、
少しお金はセーブ出来そうですね。

シュエダゴン・パゴダ内は裸足


シュエダゴン・パゴダ内は神聖な場所です。

入場する前に袋をもらい、靴を入れてパゴダを見学することになります。

普段裸足で歩き回ることなんてめったにないですよね。

足の裏から伝わる感覚は日常では感じることがなく、
仏塔を目にするときにはひとりの人間として心洗われるようです。

スポンサーリンク


黄金の仏塔


施設内入り、階段があるので上っていくと仏塔を目にすることが出来る。

エレベータもあるが、ここまで来てエレベーターを使用することはないでしょう。

そこまで長くなく、なだらかな坂のような階段なので、
じっくり自分の足で上ってもらいたい。

上まで上がれば黄金の仏塔が目の前にそびえ立っており、
なんとも言えない圧倒感に言葉をなくすこと間違いありません。

2500年前に建てられたと言われている仏塔は約100メートルにもなり、
本物の金でおおわれています。

黄金の仏塔の周りは60余りの仏塔や廟で囲われており、
その空間にいるだけで、
古き王都にいるような錯覚を覚えることが出来る。

少し想像するだけでも、多くの人々がこの都で勤しみ、
高い文明を誇っていたことが容易に想像できた。

ライトアップされる黄金の仏塔


シュエダゴン・パゴダに行くなら夕方から夜にかけてがおススメ。

日も暮れてくると黄金の仏塔をさらに強調するかのように、
ライトアップされる。

これを見ずにシュエダゴン・パゴダを後にすることはちょっともったいない。

6pmあたりからだったという思うが、
日も落ち始め、ライトアップされたパゴダが浮き出される。

これが本当のシュエダゴン・パゴダと言わんばかりに、
その存在感は他のすべのものを消し去るよう。

仏教信仰の強いミャンマーならではの寺院を見ることが出来る。

日本ではすでに宗教というものは日常に根差していないが、
キリスト教の教会やムスリムのモスクとはまた違う、
仏教の寺院に触れることで忘れていた何かを思い出させてくれるようだった。

スポンサーリンク


ミャンマー・ヤンゴンを行く!チャイナタウンで感じるアジア魅力

ミャンマー・ヤンゴン・チャイナタウン

ミャンマーに行った。

ミャンマーに行くと知り合いやちょっと年配の方にいうと
決まって帰ってくる言葉が、

ビルマかぁ

という言葉。

昔はビルマという国名だった。

ビルマの竪琴という言葉は誰しも聞いたことがあるかと思うが、

今まさにビルマに行くんだなぁと勝手にしみじみした。

すでに私はミャンマーの方が馴染み深いのでミャンマーとするが、

事前に特に調べるということもせずとりあえずミャンマーに行くことにした。

東南アジアに行く時はいつもこのスタイル。

あまり下調べはせず、とりあえず現地入りする。

迷ってもいいからその国を歩いて回っていると、
なんとなくその国の匂いや、湿度、空気感が身にまとってくるようで、
その国に馴染むことができる。

ミャンマーは東南アジアを歩き肌で感じるにはこれほどの国はないと感じさせられた。

というか感じさせられすぎたと言っても過言ではない。

未だにこの程度にしか発展していないのかと驚いた。

スポンサーリンク


私が向かったのはヤンゴンという都市。

ミャンマーの旧首都であったようだ。

旧首都というからには当然それなりの町並みを期待していたが、
ここまでに予想を裏切られたことはなかった。

いい意味で裏切られたと言ってもいいかもしれない。


目的地としたのはチャイナタウンだった。

チャイナタウンと言えば賑やかで人々の往来が絶えない、
観光地としてベタな場所かもしれない。

日本でもマレーシアでもチャイナタウンは賑やかだった。

ここミャンマーにおいてはそんなイメージはちょっと違う。

道路は汚れて黒く、歩道も黒かった。
しまいには建物の壁まで黒ずんでいた。

言葉が適切なのかはわからないが、
ちょっと場末の廃墟のような建物に人々が詰め込まれるように住んでいる印象を受けた。



チャイナタウンのチャの字も感じることのないチャイナタウン。

初めての衝撃だった。

フィリピン・セブ島やインドネシアのバリ島の入った時も、
多少の衝撃は受けた。

両方とも観光地としては有名であるが、
道路を始めとしたインフラはまだまだ整っていない。

セブ島に関しては過去に行った海外の空港で最も整備されておらず、
空港自体も小さく、日本の高速道路で使われるようなオレンジ色の蛍光灯で照らされる空港の外観は、
薄暗く、またたく照明の中で客を呼び込むタクシーの客引きの様子はまさに東南アジアを彷彿とさせるものだった。

ここミャンマーのチャイナタウンで受ける衝撃も初めてセブ島に降り立った時と近いものがある。

ただここで受ける衝撃がセブ島と違うのは、
このなんとも言えない場末感。

セブ島で受けたのは、
なんとも言えない匂いや体を取り巻く、
熱気を帯びた空気。

体の底から沸き立つ何かを感じずにはいられなかった。

ミャンマーは違う。

体の熱を奪うような悲壮感。

なぜか襲い来る不安感。

ここにいていいのかと自問自答させられた。

何か不安だったのか。恐れを感じるものがあったのかは自分でもわからない。

だけど、目に映るもの全てが私にそうさせた。

ただ、ミャンマーも東南アジアの一つの国には変わらない。

むしろこれが本当の東南アジアなのかもしれないと自分に言い聞かせていた。

ただ、歩いていると不思議なものでどんどんヤンゴン・チャイナタウンに馴染んでいく自分もいた。

スポンサーリンク


やっぱり背格好も顔も同じアジアだけあって、
似たよったところもあるし、路店で何か買ったりして、
お店の人と話すだけでも何となく親しみが湧いてくる。

しまいには道路を走るバスのドアの横に日本語の文字を発見。



この瞬間、ミャンマーが本当に近くに感じた。

車体の塗装は塗り替えられていたと思う。

車体の横に書いてある90という数字が何かミャンマーの文字みたいになっていたからだ。
窓は全開。ドアまで全開で走っていた。

きっとあちらこちらボロボロなんだと思うが、
それでもミャンマーで現役続行中。

昔の日本の方々の技術力には頭がさがるばかりだ。

たぶんバスを見ている間はずっと口元が緩んでいたかもしれない。

こういった日常風景も含め東南アジアがこんなにも好きなのかもしれない。

日も暮れ始めるとヤンゴン・チャイナタウンはまた別の顔を見せ始める。

薄暗い中、どこからくるのか押し寄せる人の波。

行き交う車に気をつけながらも歩くチャイナタウンはミャンマーという国を語っているようで、
ただ歩いているだけでも高揚感に包まれた。



発展著しい昨今の東南アジアでは都市部に行ってしまうと、
どこもそう代わり映えしない。

ここミャンマーの旧首都ヤンゴンは東南アジアの古き良き時代を感じさせてくれているような気がした。

はっきり言ってミャンマーが今後発展する姿なんてこれっぽっちも想像できない。

それくらい発展途上の国であった。

でもきっと5年もしたら全く違う姿になっているんだろう。

また、いつか戻ってきたい。

良くも悪くも今のこの町並みを残したまま。

スポンサーリンク


ヤンゴン国際空港でタクシー利用したらぼったくられそうになった

ヤンゴン国際空港から市街地までのタクシー料金

もう半年くらい前になります。

ミャンマーのヤンゴンに1泊2日の旅行に行きました。

ミャンマーという国は本当にちょっと聞いたことがある程度だったので、
一体ミャンマーはどんな国なんだろうと期待と不安でいっぱいでした。

ミャンマー国際空港から市街地まではタクシーで移動しようと思ったら、
まさにぼったくりのタクシードライバー集団に出くわしたんです。

ヤンゴンの国際空港は小さいので、すぐ外に出れてしまいます。

タクシー乗り場の標識を探す前に外に出てしまったので、
あたりをキョロキョロしていると、

急に自分の周りに人だかりが出来ました。



何かと思えばタクシーの運ちゃんや客引きの人たちでした。

昨今の国際空港では考えられませんよね。

ここミャンマーでは依然としてこういった状況であることが、
空港から一歩出た瞬間に感じ取れました。

タクシーを探しているのかと皆がこぞって聞いてきます。

答えがイエスであろうが、ノーであろうが、声を発した瞬間に彼らはどこの国の人間か
おおよそで当たりを付けてきます。

服装や立ち振る舞いでも分かってしまうのか知れませんが。

私が日本人であることは瞬間的にわかったようです。

そうなるともう正しいレートの価格を知ることは困難です。

彼らが口にした価格は18,000MMK。
MMKはミャンマーの通貨であるミャンマー チャット。

後で知ると相場の倍以上であることが分かりました。

日本にすれば1500円前後なのでかなり安いのだが、
初上陸の国でいきなり18,000MMKと言われ高いのか安いのかもわからない状況。

東南アジアでの経験は少なからずあったので、
この手の輩がふっかけてくるのはだいたい分かっていた。

何より、18,000という数字がかなり大きな数字なので、
まともな日本人ならすぐOKとはならないだろう。

とりあえず、トイレに行くと言って空港に戻ることにしました。

実際にトイレに行って冷静になり、
対して広くない空港内を歩き回っていると、
隅っこの方にタクシーと書かれたカウンター一つ。

外にまた出るわけにもいかないし、
他に手立てもないので、そのカウンターに行ってみると、
提示された金額は7,000MMK。

すぐ外で待ち構えている連中は18,000MMK。

どれだけぼったくろうとしているのか。

それだけ日本人であるということ自体が、
彼らに大きな印象を与えているのかよく分かった。

きっと彼らの目に映る私たち日本人はお金にしか見ていないんだろう。

近年、東南アジアは発展豊かで、かつエキゾチックな体験が出来る観光先として注目を集め続けているが、

彼らの目に映る私たち日本人がどれだけ恰好の獲物であるかも肝に銘じておかないといけないと感じさせられた。


未開拓地ミャンマー!アジア最後の伸びしろを持つチャンス多き国

アジア最後の開拓国

アジアの3国CLMという言葉をご存知でしょうか。

カンボジア・ラオス・ミャンマーの英語表記の頭文字を取った言葉です。
CLMと一括りに呼ばれることがあります。

CLMの一つであるミャンマーは昨今アジア経済において重要になってきています。

ミャンマーは軍事政権により長きにわたり国際経済から取り残されてきました。

経済発展には遅れを取りましたが、
現在、大きな成長のポテンシャルを残しているとも言えます。

市場開拓が進んだ東南アジアにおいて、
アジア最後の開拓国として、CLMは大きな注目を集めています。

スポンサーリンク


ミャンマーはインドシナ半島の西端にあります。

北の中国と西のインドの間にあり、戦略的に大きな意味を持っています。
タイランドとも国境を接しています。

人口は5142万人です。



ASEANではタイの6500万人に次ぐ5位です。

7割がビルマ族で残りは130以上の少数民族です。

2015年現在、北東部で中国系コーカン族武組織と、
北部でカチン族の独立軍との間で政府は紛争を抱えています。

また、バングラデシュとの国境地帯に多いイスラム系のロヒンギャ族が、
仏教系民族と対立して国外に逃避し、難民となる問題も生じています。

ミャンマーは、1948年にビルマという国名でイギリスから独立、
しばらくは民主政権の下で東南アジアの先進国として君臨しました。

タイよりも経済が発展し、シンガポールは当時の首都ラングーン(現ヤンゴン)を
都市開発のモデルにしたという話があるほどです。

1962年に軍がクーデターを起こし、
閉鎖的なビルマ式社会主義を採用してからは発展が止まります。

1988年には民主化運動が起こり、
リーダーとしてアウン・サン・スー・チーの名前が世界に知られました。

軍政はビルマ式社会主義を放棄し、
開放的な政策も試みました。

翌1989年には国名もミャンマーに改称されました。

しかし、スー・チー氏の自宅軟禁など民主化運動の弾圧が続けられた結果、
西側諸国から経済制裁を受け、開放政策は頓挫し、閉鎖的経済に逆戻りしました。

そのミャンマーが、2011年に民政移管を果たし、
世界経済への門戸を開いたのです。

半世紀にわたり停滞した経済の再興を図ることが、
民主化と開放の狙いであると考えられています。

スポンサーリンク


ページの先頭へ