海外就職へのアプローチ!主な3つのルートから考えてみよう

海外就職への最初の一歩!まずは動き出せ!

海外就職へのアプローチ方法についてシェアしてみたい。

海外就職を考え始めた時ってみんなは何から始めるのだろう。

まずはインターネットで海外就職なんて検索してどんな需要があって、海外就職へのハードルはどの程度なのだろうと今の自分が出来ること比較してイメージを膨らませ始めるのではないか。

主な海外就職へのアプローチのやり方としては以下が一般的な手法かと思う。

  • 海外インターンシップ
  • ワーキングホリデーからそのまま現地就職に応募
  • 海外就職のエージェントを通して応募

海外インターンシップ

無給のインターシップ(短期)から有給のインターンシップ(長期)もあり、アメリカ、カナダ、オーストラリア、マレーシア等の主要都市で仕事体験をすることが出来る。

希望の期間や予算に合わせたインターンシップも幅広く用意されているので、海外で働くことに一歩踏み出せない方には海外を経験するという意味では魅力的な選択肢ではないか。

そもそも海外インターシップとはなんぞやという疑問もあるかと思う。

参加するにあたっての条件等もある。



スポンサーリンク



海外インターンシップの参加条件は、インターンシップの期間や募集要項によりことなったり、英語力への高い要求や仕事の経験内容が求められるインターンシップもあれば、いっさい詳細を問わないこともあるという。期間は3週間から18ヶ月のものまである。

学生、大学生、社会人等、幅広く応募は可能。年齢については申請できる条件もあるのでインターンシップの応募期間や滞在先の国をよく確認してもらいたい。

英語力は当然考慮されるがビギナーからエキスパートまで幅広く参加は出来るようだ。日本人の場合、英語が出来る人の方が少ないがそれでもインターンシップで海外へ行かれる方は多いので、ここでの制約はそこまで厳しいものではないのかもしれない。

学歴や職歴また強みとなる技術やアピール出来る点があれば幅広い選択肢が生まれるので一度自分を見つめなおす良い機会とするとよい。

海外インターンシップへの応募者数は増加傾向にあり、海外で働きたい、海外でキャリアを積みたいという方も増えてきている。

インターンシップ。その後!

海外インターンシップの経験をアピールポイントに就職活動を成功させた学生、転職活動に活かした社会人、また中にはインターンシップの受入先企業で正規雇用され、正社員として海外就職をする方もいる。

インターンシップから帰ってくればあたなの可能性は無限に広がっている。

国内はもちろんのこと海外での就職活動へも可能となり、就労への可能性は広がる一方であろう。

インターンシップ先にそのまま採用されるケースもあるのでやりがいは十分にある。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーもインターシップと同様に海外で就労を行うことが出来る。

ただ、ワーキングホリデーはあくまでも海外での青少年同士の促すことを主な目的としており、就労を行うことではないので、注意が必要だ。

とはいえ、ワーホリはなんでも出来る。会社やお店で働くこともできるし、語学に特化して過ごすことも出来るし、海外で起業するためにワーキングホリデービザを取得する方までいるようだ。

通常、海外で長期間過ごしたことのある方は少ないだろうし、海外というとセキュリティー面や外国人ってどんな感じなんだろう不安に思う方もいると思う。そんな方にワーキングホリデーという選択肢は外国人との交流が少ない方には外国になれるという意味で有効な選択だろう。

ワーキングホリデーを通して、英語を学び海外での就労経験を得ることで欧米諸国やアジア圏での海外就職へも大きなアドバンテージとなるのではないか。

海外就職のエージェントを通して応募

一番オーソドックスなのがこのケース。

私もこのケースである。

国内の企業に応募を出すように、海外向けの就職・転職エージェント企業があるのでコンタクトを取れば日本人のエージェントが親切に対応してくれる。

職務経歴書も日本語版をまず用意して英語版も合わせて用意する。

英語に不慣れな方もここは練習になるので頑張って英語版を自分で用意しよう。

日本語版と英語版が出来たら、その2つをエージェントに送付する。エージェントはその道のプロなので適切な単語や言葉の言い回しを添削および指導してくれるので安心して応募できるだろう。

面接での注意点や事前に回答を準備しておいた方がよい質問等はアドバイスしてくれるので、慣れない海外での転職活動でもイメージしやすくなるかと思う。

マレーシアを就職先として選択した1例です

スポンサーリンク



メリット・デメリット

メリット・デメリットから見る海外インターンシップ・ワーキングホリデーと転職エージェント

海外インターンシップ・ワーキングホリデー

メリット

ワーキングホリデーを通して、英語を学び海外での就労経験を得ることで欧米諸国やアジア圏での海外就職へも大きなアドバンテージとなるのではないか。

デメリット

海外インターンシップやワーキングホリデーでも賃金を得ながら就労経験を積むことが出来るが、恐らく一度仕事を辞めて海外に出る方が主だと思うので、帰国後、仕事を得るまでのブランクが生活費に重くのしかかってくるだろう。

海外就職のエージェントを通して応募

メリット

一方で海外就職のエージェントを通して応募するケースでは国内で就職先を変えるのと同様にブランクとなる月がないので収入面において貯蓄を切り崩す必要が無い。

デメリット

ただ、海外経験が無い方の場合、海外で就労した経験をアピール出来る材料が無いので、なぜ海外で働きたいのかという理由と熱意は十二分に用意しておく必要がありそうだ。

まとめ

三者三様でそれぞれの強み・弱みというものがあるので、個人個人の予算・期間、皆さんが描くビジョンに沿う方法を見つけ上手く利用できること切に願う。



スポンサーリンク


海外就職か国内転職か迷う方への参考記事です。


必見! オンライン英会話 VS 国内英会話教室!

費用対効果から見極める英会話で取り組むべきこと

英語学習者向けの英会話の勉強法は星の数ほどあるだろう。

電車の中吊り広告やインターネット上に出てる無数の宣伝数からもわかる通り、英会話への需要は膨大なのだ。ただ、一体どれを選ぶべきなのか選べば選ぶほど分からなくなるのではないか。

先生の質で選ぶのか。費用で選ぶべきか。安い英会話教室に申し込むと先生の質が落ちるのではないか等、悩みは尽きないでしょう。

そもそも国内にある英会話教室やオンラインで受講できるオンライン英会話。

一体、費用的にも違うしどちらがいいのだろうと考えたことはないだろうか。

ここでは私が経験した英会話レッスンまた、会社の同僚より入手した情報を元に費用の面からその効果をお伝えしたいと思う。



スポンサーリンク



私が経験したのはフィリピン人講師のオンライン英会話になる。

日本国内にある無数の大手英会話教室には一度たりとも通ったりすることはなかった。

なぜかというとコスト面への負担が大き過ぎた。

国内の英会話教室

国内の英会話教室に通っていた会社の同僚の話を聞くとやはりちょっと割高。

ちょっと手が出そうになかった。

実際にネイティブスピーカーの英語講師と対面で話すなんて楽しみでしょうがなかった。 授業内容は多岐に飛んでいて楽しいという声も聞いていたし、ちょっと割高だけれど将来を考えればわずかな初期投資に過ぎないのかもしれないと何度も心を揺さぶられた。

時には休みの日に生徒や先生が集まりOFF会が開催されるらしい。異業種交流にもなり意識の高い方と知り合いになれるなんて、また世界がどんどん広がって行くと思うと楽しみでならなかった。

ただ、やはり授業料は最後までネックとなって決めあぐねていた。

最終的に取った手法は自分はもう少し安価な勉強法を見つけ勉強してみて、ある程度の経過をみて英会話教室に通っていた同僚と成果の違いを見極めて見ることにした。

そこで目を付けたのがフィリピン人によるオンライン英会話である。

フィリピン人によるオンライン英会話

私が受講していた某オンライン英会話は以下の通りであった。

受講料はお財布に優しい価格だった。

1カ月に得られるポイントは400ポイントでポイントによって25ポインから100ポイントまでに25ポイント単位でGrade分けされた講師をオンライン上で予約する形式を取っている。

講師は主に教育学部卒でオンライン英会話の会社に入社後も指導を受けているとのことではずれを引く確率は少ないし、何人か良い講師を見つければ同じ先生を予約することで満足のいく授業は受けられる。

基本的にフィリピン人は幼少期より英語を学んでおり、中国語訛りやインド訛りのような特有の訛りがない(多少はフィリピン訛りがあるが気にならない程度)。発音もクリアでブリティッシュイングリッシュではなくアメリカ英語を使うのでこの点も日本人向きかと思う。


授業のなかで海外ドラマを視聴することも進めてくれる。
海外ドラマのフレンズを使った勉強方法

スポンサーリンク



 

国内英会話教室 VS オンライン英会話

3カ月後、果たして同僚との差はどうなったのだろう。また、別の同僚に第3者の目線から判断してもらうことにした。

はたして結果は…。

同僚も私も特に何も変わっていないとのことだった。

3カ月程度じゃ成果は何もでないだろうと思っていたが、ある時同僚と話していて気が付いたことがあった。

互いの授業の内容についてはよく話しているが、お互いに十分な勉強はしていなかったことだ。ただ、授業に参加し与えられたカリキュラムをこなすのみで英会話教室の講師に委ねていたのだ。

英語は主体的に学ぶものであり英会話教室に多くを期待すべきではないということだ。

英会話教室側がいくら頑張ったところで英語を学ぶ生徒側が頑張らなければ何の意味もないのだ。自分が主体的に勉強し特訓した英会話の成果を披露し、それをネイティブの先生に評価してもらうべきなのだと改めて気づかされた時だった。

そうした費用に対する効果を考えると出来るだけ自分で勉強して、勉強の成果を披露する場所は出来るだけ低コストで押さえた方がいいと思うようになった。

発表の場であり、勉強の場ではない

オンライン英会話にしろ、国内の英会話教室にしろ、あくまでも勉強の成果を発表する場でしかないということだ。発表会場は安価に抑えるに越したことはないのかもしれない。

英語を勉強するのは自分である。

英語を話すのも自分だ。

ネイティブスピーカーやフィリピン人から評価や指摘を受けるのは大歓迎であるが、彼らに頼って大事なお金を払って、彼らと会話をしただけで英会話力が身に付くと思ってはいけないということをお伝えしたかった。


スポンサーリンク


フィリピン英語留学とフィリピンオンライン英会話を比較してみた


英語ってどの程度出来るといいの?流暢な英語は弊害だ?!

流暢な英会話は必要なのか

近年では幼少期より英語を学ばせるなど英語への注目度は衰えることを知らない。

仕事で海外出張や海外就職を考える上では切っても切り離せない永遠のテーマである英語であるが、仕事に限らず趣味で勉強される方もいるであろうし、旅行で海外に訪れた際も英語でコミュニケーションをとるというのも楽しみの一つではないであろうか。

英語を話す上での注意点を一つお話ししたい。

私個人の体験を元に一つの目安として聞いてもらえるといいかと思う。

流暢な英語は弊害だ! 会話で要求される英語

英会話というと海外の映画やドラマで流ちょうに話すネイティブスピーカーを見ると、クライアントや社内会議で流暢な英語を話せるとカッコいいだろうなと夢抱く方も少なくないだろう。

私がその一人だった。

ただ、アジア圏で働いてきた経験でいうと会議でネイティブスピーカーのように英語を操りベラベラとしゃべり続けているような人は見たことがない。個人的な感想を言えばああいった英語は非ネイティブが多く住むアジアにおいて弊害でしかないと感じている。



スポンサーリンク



非ネイティブが多くいるこのアジアにおいて、当然英語が出来るに越したことはないが、周りの英語レベルに合わせて話す必要がある思う。

フィリピンやシンガポール・マレーシアを除けば幼少期より英語教育を受けている国は多くない。話し手が使用する英語を聞き手が正確に聞き取り理解しているケースは多くないであろう。特にビジネスシーンでは顕著に現れるし、間違いの許されないシチュエーションでの理解の食い違いはビジネスシーンでは当然お勧めできない。想像しただけでも恐ろしい。

人とコミュニケーションを取る際、難しい言い回しや普段使用しない単語をわざわざ使ったりするだろうか。ほとんどの場合、そんなことはしないであろう。

 

英語を一生懸命勉強することはとても大切なことだし、適切な英語を話すことは一つの礼儀であり、エチケットである。

そんな一生懸命勉強した英語を実際の打ち合わせ等で使ってみたくなる気持ちはよーくわかる。ちょっと小難しい文法を身に着けると使ってみたくなるし、このシチュエーションではこの文法でこういった言い回しをしなくてはならないのだ。とプライドを持って使う気持ちもよく分かるが、少し冷静になってもらいたい。きっとあなたがパーフェクトな英語だと思い(実際パーフェクトだと思うが)話し終わった後、目が点になっている非ネイティブスピーカーを少なからず散見することになるだろう。アメリカやヨーロッパならばそれで問題無いであろう。

ただ、アジアでは少し違う。

シンプルに短く、簡潔な英語

個人的にアジアでダントツに英語がうまいのがフィリピン人だ。幼稚園から英語で指導を受けている彼らの英語は正しく、スラング(訛り)あまりなくクリアな発音で非常に分かりやすい。彼らはどんな英語を聞いてもほぼ理解することが出来る。

乙武さんも入学したフィリピン留学先はこちら

スポンサーリンク



シンガポール、マレーシアも小さいころから英語を教育を受けているがフィリピン人程ではない。フィリピン人の友人がシンガポールに行った際、中華系シンガポール人の英語はよく分からないと言っていた。

ただ、シンガポール人、マレーシア人の発音は中国語みたいな独特なものだが、話す・聞く・読む・書くは我々より遥かに出来るので変に間違えなければ大体理解してもらえる。

その他のアジア圏の国はどうか。

正直日本人より英会話能力は高い。ただ、話慣れていると行った印象で英語そのものの英語力は日本人とたいして違いはないと感じている。

つまりちょっと小難しい英語になるとえーとっこの単語の意味なんだったかなぁと言った具合である。

でも、彼らが日常で使う英語はシンプルで分かりやすい。彼らはどの単語をどの場面で使えばいいのかを分かっているのだ。

きっとビジネスシーンでも同じことが言えるのだと思う。

誰もが知っていて、聞いたことのある単語でシンプルに短く、簡潔にまとめられる英会話こそが求められるのだ。

実際、相手にあなたの意図していることが伝わらなければなんの意味もないだろう。あなたの持つIdeaが伝わらないことこそ最も残念なことなのだ。

英語をネイティブスピーカークラスに達するまで勉強することは大切だし、ぜひ目指してもらいたい。

ただ、時には相手のレベルに合わせて、英語力をアジャスト出来る人間こそが本当の英語の話せる人間と呼べるのではないだろうか。

こちらはオンライン英会話と英会話教室の選択でお悩みの方必見です^^

スポンサーリンク


セブ島ってどんなとこ?気を付けたい3つのポイント

フィリピン・セブ島はいいところだ。けど…。

仕事がらフィリピンのセブ島に2年近く滞在していた。

このセブ島に2年住んでいたということが私の海外経験の原点であり、今回海外就職をしようとこころに決めた最大の理由である。

今回ご紹介したいのはセブ島。

セブ島はある程度安全面が確保されている。

やはり観光地ということもあってか治安もよく。気を付けて入れば、特別大きなトラブルに巻き込まれることはまず無いかと思う。



スポンサーリンク



 

少し気を付けて楽しいセブ島を満喫しよう!

  • ストリートの子供達とも仲良くね

セブ島にはストリートチルドレンのような貧しい子供たちがまだまだ多く見受けられる。タクシーに乗って信号待ちをしているとストリートで生活する子供たちが窓越しに覗き込み、小銭を要求してくる。これがセブの現状だ。

少し気を付けたいのは街中を歩くとき。

街中を歩いていると子供たちがワァーと寄ってくることがある。子供たちと接することで東南アジアに来た緊張も緩み、クリクリした目をした陽気な気質のフィリピンの子供たちには心が癒されるものだ。なんとなくアジアを満喫している気にもなり旅行の醍醐味の一つと感じられる瞬間かもしれない。

ただ、ここで気を付けてもらいたい。

高価な金品は身に着けていませんか。

注意を少し払うだけで魅惑的な素敵なセブ島を出来るぞ。

 

  • 街中でもご用心!

フィリピン人は陽気で優しい、親日でもあるし親しみを持てる人柄である。近年は英語留学で滞在する日本人も多く、そこら中で日本人にあう事が出来る。

日本人は親切なので街中で困っている人が助けたくなるのが人情だろう。

ただここは日本ではないのだ。

少し立ち止まり考えてみよう。

少しの配慮がセブ島旅行をさらに楽しいものにしてくれるだろう。

  • ジプニーに気を付けよう

東南アジアを楽しむことの一つにローカルの乗り物に乗るということがあげられると思う。セブ島のようにまだまだ発展途上の国ではローカルの乗り物は日本のバスとは遥かに異なっている。

代表的なのがジプニーである。インタネット等で検索すると写真等で確認することが出来ると思うが、トラックの荷台を改造し、両脇にシートを設けて向かい合って座る乗り合いのバス?乗り合いトラックのようなイメージだ。

乗ってみると慣れない乗り心地にローカル感を感じてしまい結構楽しいものだ。ルガーランと声を掛ければどこでも止まってくれるし、旅行を満喫するには結構おすすめだ。

乗車の際は高そうな時計や目立つような服装は避けた方が良さそうだ。

いつもよりすこーし気を付けるだけでセブ島に滞在している間の99%は楽しいことばかりなので安心してほしい。

間違いないです。

ただ、残りの1%の心の油断で旅行を台無しにしてほしくない。

楽しむも嫌な思い出にするのもあなた次第。

でも、全てをひっくるめてセブ島を感じるのもアジアの醍醐味かもしれない。



スポンサーリンク


海外就職に興味があればこちらです^^


ページの先頭へ