タイ王国へ

マレーシアからタイへ

初めてのタイ。

あーものすごい楽しみだった。

なぜか。

単純に行ったことが無かったからだ。

タイに行ってみると驚くのが、日本人と同じくらい英語を話さないという点だ。

東南アジアへ行くと何だかんだ多少は英語を話すものだが、タイは違う。

外国の方と仕事をする方々を除くとほとんどの人が英語を話さないのではないか。

日本人と同じで英語を話す機会が無い。

逆に言えば英語を必要としなくても国の経済力を維持できるのだ。

ある意味すごい国なんだなぁと改めて感じるところがあった。

 

アジアの国に行くといつも刺激を感じることが出来るから好きだ。

特にタイのように英語を話さない国では、

外国人である我々がタイ語を覚えて現地の方に歩み寄らなければならない。

そうなると毎日やりたいことで頭が溢れてしまう。

タイに来てからはタイ語を無性に覚えたくなって、タイ語教室を探して歩き回った。

言葉を覚えるのは得意というか好きなので、好きだから得意になったのか順番は分からないが、勉強したくてしょうがない。

でも、タイ語ってかなり難しいんですね。知っていただろうか。

タイ文字にしてもあのクルクル回って書かれている文字はどういった経緯で生まれたのだろう。

発音一つとっても日本人にはかなり難しい。

実はタイ語にも中国語と同じように声調があるのだ。

一つの文字の発音を上げ下げすることにより異なった意味を表現することができる例のあれだ。

英語とは違い、学校で学んだという実績が無い外国語を一から覚えるのはかなり大変だなぁと改めて実感した。

 


カテゴリ:タイ  [コメント:0]

ページの先頭へ