バンコクからパタヤへの道


バンコクからパタヤまで何で行く

タイでの移動手段について前回お話しさせていただきました。

特にタイのシラチャのような田舎町ではハイエースのような乗り合いのミニバンが主な移動手段として大通りを行ったり来たりしている。

移動距離もかなりの範囲を走るのでバンコクからパタヤまで乗り換えることなく一つのミニバンで移動することができる。

バンコクからパタヤまで行くときはとても簡単。

タイのバンコクにはBTMという高架鉄道が走っている。

タイで仕事をされている方や旅行や観光で来られている方にもお勧めのバンコクの電車システムだ。

BTMの一つの駅にエッカマイという駅がある。

バンコクからパタヤ、またパタヤに限らずプーケットやその他の町に行きたいときにもまずはエッカマイ駅に行ってみよう。

エッカマイ駅には何があるのかというとバスターミナルがあるのだ。

チケット売り場があって時刻表のあるそれなりにちゃんとしたところだ。当たり前のことかもしれないが。

バスターミナルに着いたら、そこそこ大きな建物があるので中に入っていき、奥に進んでいくとパタヤ行きのチケット売り場がある。

英語でPATAYAと書いてある。

分かりやすくチケット売り場近くに立っているおじさんがこっちこっちと呼んでくれるので迷うことは無いと思うのでご安心を。

バスまでも案内してくれるので騙されたと思ってついて行ってみるといい。本当に騙されることはないので安心してください。

バスの座席を確保出来たら後はもう大丈夫。ちょっと速めのスピードで突っ走るのでローカルのバスを楽しみながらパタヤまで行くことが出来る。

パタヤまで行くと聞くとパタヤビーチの真ん前とか近くに着くのかと思ってしまうが、ここだけは気を付けてもらいたい。

ビーチの近くには着きません。

バンコクから通ってきた大通りで降ろされるのだ。

さすがに初めて行ったときにこれだと驚いてしまうが、ここでもう一つのローカルでの移動手段を思い出してもらいたい。

そうバイクタクシーならぬバイタクがあるのだ。

パタヤのような観光地では至る所にバイタクが待機しているので、ちょっと木陰になっているところ探してもらい。

ほーらいた。バイタクゲットだぜのような感じで楽しみながら探してください。

バイタクに乗ったら5分から10分でパタヤビーチまで連れて行ってくれる。

不思議なのはバイタクの値段。

近場をちょろっと走っただけで、バンコクからパタヤ迄乗ってきたミニバンの値段の半分くらいもするのだ。

ミニバンが安すぎるのかもしれないが、バイタクはかなり重宝するので安心して使って見よう。

ミニバンとバイタクを利用しタイを満喫しよう。

 


カテゴリ:タイ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ