英語独学には海外ドラマ!流ちょうな英会話はネイティブのまねから!


英語を好きになれば独学で十分


英語が全く話せないけど、将来海外で働きたいという方や、
海外旅行を趣味にして現地で知り合った方とコミュニケーションを取ってみたいという方は多くいるかと思います。

ただ、皆さん共通してお持ちの悩みがどうやって勉強するの?ということかと思います。

独学で勉強しても無駄か、
そもそも何から始めていいかわからない、
英会話の本をとりあえず丸暗記すればいい、
独学で英語はマスターできるのか、
外国人と話すと聞き取れないし伝わらない、

と色々悩みは尽きないかと思います。

私が会社に入社して、まず受けさせられたのがTOEICの試験です。
当時の点数は295点でした。
嘘もへったくれもない本当に295点でした。

要は何も分からなかったので、全部適当です。
もちろん全力を尽くし、試験が終わった後はクタクタでした。
個人的には期待していたんですが295点でした。

会社の上司からは300点以下は珍しいなと言われ軽くショックを受けましたが、
TOEICはマーク式なので400点以下は運が強いどうかだろうと思って全く気にしませんでした。

そんな私でも基本的には独学で英語を学び海外就職までやってしまいました。

私がやったことは一つだけです。

英語を好きになること

これだけです。

きれいごとを言っているようですが、
本当にこれが大事なんです。

英語を好きになればなるほど、英語は話せるようになるし、聞こえるようになります。


スポンサーリンク



英語を好きになるってどういうこと?


皆さんは英語を話せるようになりたいから英語の勉強をするというステップを踏まれているかと思います。

もちろん英語を話せるようになりたいというのも素晴らしい動機ではありますが、
英語を勉強しつづけるモチベーションとしては十分でしょうか。

外国の言葉を勉強するのはかなりの労力が必要となります。

自分を動かすエネルギー源をより強いものにした方がいいと思うんです。

英語が好きだから海外の映画やドラマを見たり、英語の参考書を開いたりするということが大切です。

英語を好きになるというのは簡単なことです。

英語の音楽を聴くということでもいいですし、
英語のドラマや英語を見るというのもいいと思います。

すごい普通のことだなぁって思うかもしれませんが、
これが身近なところで体験出来る一番の方法だと思ってます。

皆さんは例えば洋楽を聞いたり、アメリカのドラマや映画をガッツリ見たことがありますか?
コンテンツの量も多いし、内容にはこだわっているし面白いものってたっくさんあるんですよ!

好きなものを見ているだけで、英語の勉強にもなるんです。
これは本当です。

しかも、好きになることで英語の吸収力も向上するんです。

その中でも私が絶対的にお勧めしたいのが、ドラマの視聴です!

ドラマの視聴をお勧めする理由


ドラマの内容がとにかく面白い


ドラマ自体が単純に面白いんです。

有名なところで言うと以下のドラマとかは聞いたことありませんか?

24 -Twenty Four-

プリズン・ブレイク

セックス・アンド・ザ・シティ

HEROES

LOST

その他にもちょっと古いですが、

デスパレートな妻たち

フレンズ

ER緊急救命室

なんかも有名で面白いですね。
夜中に放送されているのを見たことがある方も少なくないんじゃないでしょうか。

でも、これらほんの一部に過ぎないんです。

少し上げるだけでも、

ブレイキングバッド

ハウスオブカード

ハンニバル

ホームランド

メンタリスト

上げだしたら、切りがないくらい面白いドラマが盛りだくさんなんです。

ブレイキングバッドとハウスオフカード、ホームランドは本当にお勧めです。
こんなに面白いドラマを作ることが出来るのはアメリカならではなのかもしれませんが、
一度是非視聴してもらいたい作品です。

ドラマは同じ俳優の英語をずっと聞くことができる


映画は1時間30分から2時間で1作品が完結しますが、
ドラマは連続的に話が続いていくので、1話45分くらいの話が10数話から何十話へと続きます。

人気があるドラマは10年くらい続くのでそれだけ映像も豊富になります。

ここでドラマの良いところが基本的なメインキャラクターはずっと固定されるということなんです。

ドラマが映画や音楽と少し違うのが、
同じようなキャラクター、
同じようなシチュエーション、
同じような内容の話、

これらが基本的に継続していくという点です。

同じキャラクターの発音やアクセントに慣れることが出来ます。
好きなドラマを見ながら勝手にリスニングの反復練習をしているような効果です。

同じキャラクターが違う場面で同じセリフを話した時、
英語が聞き取れる瞬間があるんです。
こうなってくると英語がどんどん好きになって楽しくなりますし、自信もつきます。

これが英語学習には大きな利点となります。

ドラマを使った具体的な勉強方法


ドラマの見方には音声と字幕を選ぶことが出来ます。

お勧めは英語音声・日本字幕で見ることです。

まずは楽しんでドラマを見ることが大切なので、
無理をしないでドラマを楽しんでください。

みんな演技派なので分からないながらも見ていて楽しめます。

それに俳優・女優さんの直の声を聴き、
理解できなくても彼らの雰囲気、感情を感じ取ってください。

日本語の音声はやめましょう。
白人、黒人、ヒスパニック系、アジア系のように多くの人種の方々が英語を話しています。
はっきりアクセントする人やボソボソ話す人もいて人それぞれ個性があるんです。

日本語吹き替え音声で見てしまうと全部同じになってしまいますよね。
せっかく英語のドラマを見るのですから、それぞれの個性の違いを楽しんでください。

もしかしたら、この人の英語はなぜか聞きやすいという登場人物が出てくるかもしれません。
そうなったら、その登場人物が多く出る時は英語字幕に切り替えたりするとリスニングも飛躍的に向上すると思います。

スポンサーリンク



日本語字幕で内容が理解出来たら英語字幕


日本語字幕でドラマを楽しんだら、英語字幕で見てみましょう。
たぶん、話すのが早くて英語字幕を目で追うのも大変かもしれません。

でも、最初はそれが普通です。

内容はすでに分かっているので、英語がよく分かんないなりにも楽しめるようになってきます。
ネイティブスピーカーの話すリズムや抑揚のつけ方も気にして聴いてみて下さい。

分かんなくて飽きそうになったら、日本語字幕で見ればいいんです。

継続して楽しい海外ドラマを見るのが英語を好きになる大切なステップです。

シリーズもののドラマでしたら、
シーズン1 日本語字幕
  ↓
シーズン2 日本語字幕
  ↓
シーズン1 英語字幕
  ↓
シーズン3 日本語字幕
  ↓
シーズン2 英語字幕

といったように1シーズンずらして英語字幕で見るのがいいと思います。

英語字幕だと分かんないという方であれば日本語字幕でずっとみても大丈夫です。

私も最初はすべて日本語字幕で見ていました。
ドラマ自体が面白いので日本語でちゃんと理解したいっていうだけだったんですが。

無料視聴キャンペーン実施中のU-NEXT等から海外ドラマの視聴を始めてみるのもいいと思います。


海外ドラマの英語を真似てみる


海外ドラマの視聴にも慣れてきたら、
たまに登場人物の英語を真似てみましょう。

ドラマを一時停止してもいいですし、
ドラマを見ながら、ボソボソ真似して見るのでもいいです。

最初は気になるセリフをちょっと真似して見ようかなぁという気持ちで始めてみて下さい。

ただ、そのセリフがどういったシチュエーションで言われたか、

男性が言ったのか女性が言ったのか。

落ち込みながら言ったのか、笑いながら言ったのか。
喜怒哀楽を感じ取りながら見てみてください。

英語はイントネーション(抑揚)とリズムの豊な言語です。
日本語には無いこの抑揚とリズムのために英語学習に躓く方もいらっしゃいますが、

逆にこの抑揚とリズムを感じ取れるようになると、
ネイティブスピーカーが言葉を切るところや話し方がなんとなく分かってくるので、
英語が聞き取れてどんどん英語のことが好きになっていきます。

抑揚とリズムを自然と覚えていくのに、
海外ドラマを継続的に視聴するというのが大きな助けとなります。


~まとめ~ 英語の独学に必要なこと


絶対的に英語を好きになること

極端なことを言えば、勉強の内容はさほど重要ではないと思うんです。

重要なことは継続して英語に触れることです。

継続して英語に触れるには英語を好きになることです。

英語を勉強しなきゃいけないから、英語に向きあるのではなく、

英語が好きだから、必然的に英語のドラマを見てしまうんです。

ドラマは英語音声・日本語字幕で視聴してください。

まずはドラマそのものを楽しみましょう。
余裕があれば、登場人物の話す英語の抑揚、リズム、喜怒哀楽やそのシチュエーションを観察してみて下さい。

今回はまだ、細かな点は説明しきれていませんが、
海外ドラマにドップリはまって見てください。


記事内でお勧めした海外ドラマ


by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ

記事内でお勧めした無料視聴サイト





次回は私が参考にしたドラマをご紹介します。


スポンサーリンク


カテゴリ:英語学習  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ