全豪オープンテニス2017ジョコビッチ敗退のなか錦織圭の勝利を願う湧き上がる世界からの期待!Australian open tennis 2017


全豪オープンテニス2017ジョコビッチ2回戦敗退により湧き上がるチャンス


ジョコビッチが2回戦敗退という波乱で幕を開けた全豪オープンテニス2017.
正直、ここ最近のジョコビッチは考えられないところでの取りこぼしが見られます。
タイミング的にはやはり2016全仏オープンテニスを優勝し生涯グランドスラム達成したころからでしょうか。
若干モチベーションを維持するのが困難なように見受けられます。

ただ、我々日本人としては我らが錦織圭選手が勝ち上がり優勝する可能性が非常に高まってきていることは事実です。
私個人としても楽しみでそろそろグランドスラムを取るんではないかと楽しみでしょうがありません。

ところでそんな錦織圭選手の世界での人気ってどうなんでしょう?
今日は彼の人気っぷりをご紹介します。

スポンサーリンク

全米オープンテニス2014決勝進出

全米オープンテニス2014で決勝進出したことは日本でもかなりのニュースとなりましたが、
アメリカだけでなく世界中に彼の名を知らしめる大きな大会となりました。

錦織選手は中学生の頃からアメリカのテニスのエリートが集まるIMGアカデミーにいたので英語も堪能でその上、日本人ならではの謙虚さや人懐っこい彼の笑顔にアメリカでの印象もいいようです。

アメリカに居るアジア系の方々も錦織圭選手の活躍には特別な思いを抱いているようで、アジア人としてTOP10入りした彼の活躍を誇りに思うというセリフを何度か記事で見ました。
女性からの錦織圭選手への印象はと問いかけるとHe is so cute!という回答でした。
女性人気もちゃんと抑えているようです。

世界ランキング6位の凄さ


錦織圭選手は世界ランキング6位ですね。
凄い凄いとは言われますが、世界6位というのがどれだけすごいか説明させて下さい。

スポンサーリンク

世界全体のスポーツ競技人口


1位 バスケットボール : 4億5000万人
2位 サッカー     : 2億5000万人
3位 クリケット    : 1億数千万人
そして、テニス!
4位 テニス      : 1億1000万人

世界で4番目に競技人口の多いスポーツです。
そして何より個人競技というところにその凄さを感じます。

精神面、技術面、フィジカル面において年間を通して海外の強豪とガチンコでぶつかり合う。
そしてその結果が世界で6番目という事です。
年末が近づいてくるとATPワールドツアーファイナルというものが開催されますが、これは世界8位までの選手が参加することが出来ます。
2つのグループに4人ずつ分かれて、総当たり戦をします。
上位2位までがトーナメントに上り、ベスト4からトーナメントが始めるイメージです。

総競技人口が1億1000万人で参加出来るのが世界TOP8。
このツアーファイナルに出場できること自体が名誉なことでもあります。

ATPツアーファイナル2016では錦織選手はジョコビッチに当たり、
1-6, 1-6の66分で完敗でした。
ジョコビッチがトップフォームでない状態でもいかに強いかが良く分かります。

まとめ


ジョコビッチ2回戦敗退により、錦織圭選手への期待が高まる

錦織圭選手は英語が堪能で彼の人柄により世界でも人気がある

テニスの世界競技人口1億1000万人

世界ランキング6位

かつて個人競技でここまで世界の上位に上り詰めた選手も稀です。
彼のグランドスラム優勝を祈願して応援しましょう。

スポンサーリンク


カテゴリ:海外情報  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ