不評な香港ディズニーランドに行ったら日本人だらけ!その実態は?


実はちゃんと愛されている香港ディズニーランド


香港ディズニーランドの評判は良くも悪くも聞いたことがありませんか?
実際に行ってみると多少質素というか、東京ディズニーランドがゴージャスという印象です。

ただ、人は少ないので、1日もかけず全てのアトラクションは楽しめます。
なんだかんだ日本人だらけなので、変な安心感もあり、
どこに行っても結局ディズニーは愛されているんだなぁとつくづく思いました。

アクセスの容易さや価格の観点から見ても観光客の集客を意識したエンターテイメントを演出しているのかなぁと思います!




スポンサーリンク



香港ディズニーランドの価格


価格帯から見てみましょう☆
入園料は以下の通りです。(2016年2月)

香港ディズニーランド : 8300円

その他ディズニーランドの入園料の価格
東京ディズニーランド : 7400円
パリディズニーランド : 10,800円
上海ディズニーランド : 8200円
ウォールトディズニーランド : 12,500円

アメリカ本土のディズニーランドやパリに比べれば安価ではありますが、
アジアだからといって香港ディズニーランドの入園料は決して特別安価というわけではありません。

※東京ディズニーランドが一番安価となっているのは円安の影響を受けているためです。

基本的に香港の物価は日本と大して変わりません。
費用面に関しては日本に行く場合と同じか多めに予算を持って行くことをおススメします。

香港ディズニーランドまでのアクセス


香港ディズニーランドまでは空港からも香港市街からもアクセスしやすく整備されているんです。

香港ディズニーランドへのアクセスはこちらをどうぞ


香港ディズニーランドに入園


ミッキーの顔をしたお花畑がお待ちかね^^!



お花畑を過ぎるとメインストリートUSA!!
そして香港ディズニーランドで最も混むイベントがあるんです。

ミッキー、ミニーとの記念撮影!


香港ディズニーランドは噂通りスカスカなんですが、
ここだけは別です!

めちゃくちゃ混みます。

ただここに並んでいる間驚いたことは前も後ろも日本人!

なんだかんだ言って、日本人ってディズニーランドが大好きみたいですね。

日本人だらけの列に並ぶこと1時間半、
最後にはミッキーにも会えますよ



ただ、最初のお客さんにはたっぷり時間を取って、
散々待ったあげく、最後は1組30秒くらいでサクサク写真を撮って終わりです。

このあたりが香港ディズニーランドの評判を落とすのかなぁって思いました。

団体で行く場合はミッキーとの撮影所の前に汽車が停まるので、
交代交代で汽車に乗るのも楽しいと思います。

ディズニーランドをくるっと一周しちゃいましょう



でも一番のコツは入園と同時に走ってミッキーまで行くのがベターです。
間違いないです!
ここで並ばなかったら、15分以上並びことは香港ディズニーランドにいる間はないんです。

ちなみに私が行ったのは金曜日でした。


メインストリートUSA


ミッキーとの写真を撮ったら、おなかも空いていると思うので、
メインストリートUSAで昼食を取るのがいいと思います。



ミッキーのワッフルがおいしかったです!



「イッツ!スモールワールド!」




並ぶことはないのでドンドン先に進めます。


ジグザグ進むのが逆に大変に感じるほどです。
真っすぐ進ませてくれればと何度思ったことか。

贅沢な悩みってもんですよね。

アトラクションを楽しみましょう!


なんとも言えない不思議な空間で飽きることがなかったです。

イッツ!スモールワールドを出れば同じみのこちら




なぜか結構並んでる人が多かったんですね。
国民性によって趣向って変わるもんですね!


スポンサーリンク



トイストーリーランド


そのまま左の方に進むと、トイストーリーランド!



これは香港ディズニーランドを一望できるので乗ってみる価値ありなんです!



ミスティックポイント




以外性があった分ミスティックポイントは最高でした!


ストーリに合わせてトロッコのような乗り物進むんですが、
本当に最高でした!

4Dっていうんでしょうか、
4次元に音、映像、光をうまく使って非日常生活を味わえること間違いないです!!
必見です!


そしてグリズリーガルチへ


東京ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンですね!

ただ、内容はもっと過激です!

渓谷の隙間を縫うように掛けめくった後、
最後の峠を越えて下るのかと思いきやまさかの。。。。!

乗ってみてのお楽しみでございます!


ライオンキング


ライオンキングのショーが見れるというのも楽しみの一つです!
さすがに多少は並びますが、
少し並んだだけで、最前列から2列目!

日本ではまず考えられないですよね!

並ぶ時間が短いというのは想像以上に多くのことを恩恵を受けれるんですね!

アドベンチャーランド


ガイドは中国語と英語に分かれます。
言語によってボートも分かれるんですね。

ワニもゾウもカバもみんなリアルで迫力があるんです!


そして最後は眠れる森の美女の城


シンデレラ城ではありませんが、イルミネーションにより、
夜の女王のように美しく照らし出されます。




まとめ


スタッフの態度や細かな点を言えばキリがないかもしれません。

東京ディズニーランドの方が豪華だと思う方もいるかもしれませんが、
元々の敷地も予算も違うんです。

コンセプトの全く違うディズニーランドだと思えば何も気になることはないと思いました。

なにより並ぶ時間が短いこと!

時には並ぶことのないディズニーランドにきて、
好き放題歩き回れるディズニーランドを満喫するのもいいかなぁと思いました。

アトラクションは本当に楽しめちゃいました☆




スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ