マレー人を始め中国人、インド人で構成されるマレーシアの民族構成


マレーシアの3つの主要民族

マレーシア人マレー人


マレーシアは、マレーシア半島、タイの一部、ミャンマー、シンガポール、
インドネシア、ブルネイ、ボルネオ島に住むオストロネシア人の民族集団です。

マレーシアの歴史は100ADとまで遡ることができます。
要するに、マレーシアは、アジア本土、チャンプ王国(ベトナムの古代王国)、2500年から1500年の間にマレーシアに移住したスメテラ出身のオーストロネシア語圏の人々で構成されています。
(オーストロネシア人 - 東南アジアとオセアニアの様々な場所の人々のことです。)

現在、マレー人はマレーシアの人口の半分を占めています。

スポンサーリンク


マレーシア人中国人


マレーシアの中国人は、20世紀初頭から20世紀中にかけてマレーシアに移住した中国人の子孫です。
中国人はマレーシアで2番目に大きい民族になります。

中国移民の最初の歴史的記録は、15世紀、マラッカのスルタン人、
スルタン・マンサール・シア(Sultan Mansur Syah)が中国の王女と結婚したことが起源となります。

王女がやって来た際、王女が500人の若者とメイドを連れて来ました。
これらの人々の子孫は、ババとニヨンアと呼ばれ、
彼らはまたペラナカン中国語として知られています。
その後、19世紀には、ゴム農園や錫鉱山で働くために、より多くの中国人がマレーシアに移住しました。

マレーシアのインド人


マレーシアのインド人は、イギリス人がマレーシアを植民地化したとき、
インドから移住した人々の子孫です。

これらの移住者の大多数はタミル人です。
Gujaratis、Telugus、Sindhis、Ceylonese、Malayaleesなどの小規模なインディアングループが続いています。

インド人はマラッカでの取引目的でマレーシアに来たことが始まりです。
英国人がインドを支配したとき、コーヒー農園、ゴム、石油の土地で労働者として送られた人もいました。

インディアンはマレーシアで3番目に大きい民族となっています。

マレーシアの3つの主要民族はそれぞれ固有の言語と方言を持っています。
マレー語には10の方言、中国語には7、インド人には6つの方言があると言われています。

イーストマレーシアの人々


サバ、サラワク、ラブアンは、ボルネオ島に位置するマレーシアの国土の部分です。

マレーシア東部に位置しています。上記の3つの主要民族に加えて、東マレーシアに住む多くの小さな先住民族がいます。

部族グループダヤクは、サラワクで最大の人口を占めています。
IbansとBidayuhsはDayak部族の一員であり、KadazanはSabahの最大の先住民族です。


スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ