クアラルンプールのナショナルパレスでマレーシアの君主制度を学ぶ!


ナショナルパレス 旧国立宮殿(Istana Negara)


王立博物館は、1957年から2011年までのマレーシアの王と女王の公邸であった旧国立宮殿(Istana Negara)に位置しています。



スポンサーリンク


歴史


ナショナルパレスは、クアラルンプールの緑豊かな中心部にある11ヘクタールの敷地にあります。

1928年にチャンウィンと呼ばれる中国の錫の大物の個人邸宅として建てられました。
鉱山の開発が現在行われている香港のファットティン鉱山を開発することによって財産を築きました。

チャンウィン氏の住宅費は150万RMであり、その時に部屋数は13室でした。
26人の子供と8人または9人の妻がいたので、かなり混雑していたはずです。

彼は中国での反日抵抗の支持者として知られていたので、
彼は日本の占領中にマラヤから逃げなければなりませんでした。

彼の子孫は依然としてマレーシアとそれ以後に積極的なビジネス上の利益を得ています。

戦争中、日本の役人もこの宮殿を使用しました。
降伏後、イギリス王室空軍によってしばらく使われ、
その後、クラーンの新しい宮殿が建設されている間にセランゴールのスルタンの一時的な宮殿として使われました。

宮殿はその後、1957年に連邦政府によって所持され、
大規模な改装と拡張工事を経て、国家宮殿になりました。



マレーシアの君主制度


マレーシアを構成する国の支配者でもある国王が他の州のスルタンに置き換えられる前に、
5年間の一定期間にわたって奉仕する独自の憲法君主制をとっています。

マレーシアの君主制はスルタンと呼ばれるイスラム王侯貴族が13州のうちの9つの州で即位します。

マレーシアの13州はネガリ・スンビラン、セランゴール、ペリス、テレンガヌ、ケダ、ケランタン、パハン、ジョホール、ペラク、サラワク州、サバ州、マラッカ州、ペナン州となります。

サラワク州、サバ州、マラッカ州、ペナン州にはスラタンがいないため、
9つの州のスラタンが変わり代わりに4つの州のスラタンを担当しているようです。

現在のキングは、アルマ・タシム・ビルハーヒ・ムヒブブディン・トゥアンク・アルハジ・アブドル・ハリム・ムアドザム・シャー・イブニ・アルマリム・スルタン・バディライサ・GCB・KStJ・マレーシア第14代ヤン・ディ・ペルトゥーガン・アゴン・27・現在のケダ・スルタンです。

マレーシアの13州(サラワク州、サバ州、マラッカ州、ペナン州の残りの4州にはサルタン州がなく、代わりにガバナーズがある)。

最高国家首席としての国王は、法律、司法、軍事、宗教、外交、恩赦に関連する諸問題の役割と機能を有しています。



スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ