マレーシア移住者が伝えるペナン島ツアー!絶対お勧めするベスト7

マレーシア

日本人にも欧米人にも人気のペナンへの旅をご紹介します。

マレーシア観光をご紹介をする時に皆さんにはマレーシアのいいところをたくさん知ってもらいたくて、
色々考えたりしちゃいますが、
クアラルンプール在住の私が直近で旅行に行ったペナン島の魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

それではペナン島ツアーをご紹介します。

クアラルプールのオシャレバーもこちらからご紹介しています^^

1.Gold Museum ~Public Gold~

ペナン島ジョージタウンにある日本では珍しい金の美術館になります。
宿泊したホテルでも一番押しの観光名所でした。
金の精製方法や歴史、最後に本物の金の延棒にも触ることが出来ます。

ペナン島出身の友人も知らなかったので、どうやら出来て間もない金の美術館のようです。

※写真撮影は厳禁です。

 

2.ウォールペイント~Wall Paint~

ペナン島ジョージタウンでは有名なウォールペイントです。

情緒溢れる街並みの中、壁に描かれた壁画アートを見つけてみてください。

欧米の方たちも団体ツアーで来られたりするんですね

3.寝釈迦物寺院

こちらは横に寝そべっている仏さまが祭らわれている寺院です。

タイにも同じように寝そべっている仏様が祭らわれている寺院はありましたが、
タイに比べると一回りか二回り程、小ぶりでした。

また、こちらは先日、亡くなられましたタイのプーミポン・アドゥンヤデート国王です。
ここマレーシアにおいてはプーミポン・アドゥンヤデート国王の死を尊ぶ姿に考え深いものがありました。


ご冥福をお祈りいたします。

タイで始めたゴルフを思い出します。

4.ビルマ寺院

寝釈迦物寺院の正面に建てられているのがこのビルマ寺院

ビルマというのは現ミャンマーのことです。
少し前までミャンマーはビルマと言われていました。

こちらの寺院ではミャンマー様式の仏様を参拝することが出来ます。

ミャンマーの仏様は優しい顔をしてますよね。

各国によってことなった様式の寺院を参拝することが出来るのもペナン島ならではです。

ミャンマーのライトアップされたパゴダのご紹介はこちらです

 

5.ペナン島のローカルフード

観光も盛り上がってきたところでお腹も減ってきた頃でしょう。

ペナン島と言えばこちら福建麺(ホッケンミー)です。

エビ、豚肉、ドライフィッシュ(煮干しのようなもの)と一緒に面を食べます。
味は一度は食べてみてもいいかもしれません。(笑)

もっといろんな食事を楽しみたいという方はぜひこちらへ足を運んでみてください。

洋式料理のマレーシア版、日本っぽい料理のマレーシア版、中華、マレー料理等、とりあえず行って見て、
食欲の本能に任せて選んでみるのも楽しいかも

6.ペナン島のビーチ~バトゥフェリンギ~

少しジョージタウンを離れてペナン島のビーチに行ってみましょう。

レンタカーを借りて行ってきました。
1日当たり90リンギットでした。
約3000円くらいの価格なのでレンタカーをお勧めします。(国際免許は必要ですよ)

ツアーバスもあるようですが、市街地から離れているので、
車があった方が小回りも効いて、行きたいところへ好きなタイミングで行けるので一考の余地ありです。

ペナン島出身の友人が言うにはペナン島のビーチはあまり綺麗じゃないよと言ってましたが、
行かないことには始まらない。

こんな感じでした。

曇っていたのであまり印象は良くなかったんですが、晴れていればこうなります。

かなり綺麗ですよね。

これで満足しないなんてペナン島の友人の海への基準は日本人とは違うのかもしれません。
私が関東出身で日本の綺麗な海を知らないだけかもしれませんが。

7.スパイスガーデン

バトゥフェリンギビーチからそのまま西側へ足を延ばすこと車で15分。

観光ではなかなか行かないかもしれませんが、ペナン島西側に位置するこのスパイスガーデン。

熱帯雨林の中を歩いて回ることが出来、日本では体験できない不思議な感覚を味わえます。

 

補足

ペナン島に行くにあたっての経路をご紹介します。
私はマレーシアに住んでいるので、クアラルンプールからの紹介となってしまいますが、
日本からペナン島に行く際の渡航ケースを調べてみました。

意外なのかこんなものなのかペナン島まで直通便を出している航空会社は日本には無いようです。
(万が一あったらすみません。)
基本的にはタイのバンコクやシンガポール、香港を経由してペナンに行くのがベターのようです。
もちろんクアラルンプールを経由するのもありですよね。

せっかくの旅行ですから、乗り継ぎをすることで空港内のみではありますが、
他の国を経験するいい機会になり私は結構乗り継ぎは好きです。

クアラルンプールからペナン島に行くケースをご紹介しますと、
私はいつも乗り心地よりも安さを優先するのでやはりエアアジアをお勧めします。

クアラルンプールからペナン島までは約350km程なので、
車をレンタルして4,5時間掛けてのんびり旅を行くのも一つの楽しみ方かもしれません。

私は過去に福岡と熊本の県境から宮崎県の海岸まで運転して行ったことがありますが、
その距離は250km程でした。
約3時間半くらいかけていったはいいものの私の体はもうクタクタだったので、
それ以来、最高走行距離は300kmまでにしようと心に決めていました。

クアラルンプールからペナン島まで車で行くのは断念したわけです。

ただ、ローカル友人でペナン島出身の人もいて、
月一くらいで車で帰郷しているので、
選択しては全然ありなんだと思います。

彼曰く、全く問題ないよとのことなんで、長距離運転している方には道中を楽しみながらペナン島までたどり着けることと思います。

まだまだお伝えしたいところは山ほどあるんですが、またの機会にたくさんお伝えします。
機会があればぜひペナン島への旅をお楽しみください。

 

世界遺産マラッカ遺跡をご紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました