マレーシアの思い出をまとめるならここKLのセントラルマーケット


ようこそセントラルマーケット・クアラルンプール

マレーシアバティック、お土産、グッズ、手工芸品のワンストップセンター

クアラルンプールのセントラルマーケットは、マレーシアの文化、芸術、工芸の中心地で、市内中心部に位置しています。

重要な歴史的価値を持つ建物としてセントラルマーケットは、
1888年に建設されたマーケットとして、観光客、買い物客、美術愛好家のための楽しい目的地になっております。

今日、セントラルマーケットは訪れるべき必見の場所だと思うんです。
小売経験だけでなく、素敵なビジュアルを提供する遺産体験を楽しむことができるユニークなショッピング機会を訪問者に提供します。



スポンサーリンク


マレーシア文化、遺産、美術工芸センター


中央市場クアラルンプールの歴史



マーケットが拡大し続けると、すべてのベンダーを収容するための恒久的な構造が構築されました。
1930年代には、その構造は現在のファサードに影響を与えました。


1980年代にマーケットが移転されたとき、マレーシアの遺産協会は建物の解体に賛成票を出し、
連邦政府によって付与されたRM9百万の配分によって、建物は改築され、
マレーシアの文化、芸術および手工芸の中心になったんです。


1986年、Kleuler Melewar Berhadの子会社であるMelewar Leisure Sdn Bhdが地元の芸術品や工芸品の販売を通じてマレーシアの文化を促進する建物の所有権を取得しました。



2004年、Kha Seng Groupはこの象徴的な建物を取得し、同社のCentral Market Sdn Bhdの下には、建物とそれに付随する別館が、国の文化、芸術、遺産の中心としての永続的な意義を損なうことなく、受賞歴のある観光名所やショッピングの場に変貌を遂げたんです。

セントラルマーケットは、市場のユニークな魅力と個性を維持する意識的な決定を下す一方で、
大規模なアップグレード作業に10百万ルートを投資しました。



この20年間、セントラルマーケットのテナントは、マレーシアの芸術品や工芸品、
土産物を外国人観光客や地元の観光客の両方に販売し、宣伝することによって、観光産業に貢献しています。

したがって、セントラルマーケットはマレーシアの文化を促進しているばかりでなく、
多くの起業家にビジネスチャンスをもたらしています。


マレーシアは様々な人種の人々が平和と調和のとれた多民族文化で有名です。

カラフルな文化を反映するために、クアラルンプールのセントラルマーケットでは、マレーシアの3つの主要民族を紹介するショップ、屋台、キオスクがあります。

これらのゾーンは、マレー人、中国人、インド人であり、
訪問者にマレーシアの文化的多様性についての興味を与えることに役立ちます。




スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ