バンコクからパタヤへ行くならエッカマイ駅のバス乗り場から


バンコクからパタヤへ

バンコクからパタヤへ向かう方は数多いと思います。

タクシーでパタヤまで行ったり、
お泊りのホテルから観光バスが出ていたりするかもしれません。

でも、中にはタイの人びとが使う交通手段を利用してみたいと思ったりしませんか。
そう心の中では感じているけれど、
ついつい、おきまりの行き方、やり方で済ましてしまうんでは無いでしょうか。

いつものあなたの旅を少しだけいつもより違う何かに変えたいという方のために、
ローカルの人たちと同じ公共交通機関を利用出来るだけではなく、
満車の乗り合いバンでパタヤまで行けちゃう方法があります。

タイのどこに駅に滞在されていようが、
バンコク市街にお泊りであれば、タイ・バンコクを走る電車をご利用できます。

バンコクの路線には空港へ向かう路線も含めると、
大きく5つほどありますが、
その内のBTSスカイトレイン(スクンビット線)という路線に乗ってください。

エッカマイ(Ekkamai)という駅があるので途中下車しましょう。

このエッカマイ駅がとても大きな役割を果たします。

ここにはバンコクからタイの各方面に向かうバスが集まるバスターミナルがあります。
エッカマイ駅で途中下車できた時点でほぼ乗り合いのバンにのるミッションは完了です。

それほど、バスターミナルはエッカマイ駅の目と鼻の先!

いきなりバスターミナルに行く前に腹ごしらえもできちゃいます。

いい屋台がエッカマイ駅の前に構えているんですね。
木々に囲まれたこの空間もいいし、
何より漂う屋台特有の香りがたまらないですよね。

軽く一杯くらいは引っかけてもいいかもしれないですね。

ただ、何と言っても乗り合いのバンに乗るので、
飲み過ぎは注意しましょう。

周りの方の迷惑になってしまうかもです。

お腹かもいっぱいになったら、
バスターミナルに向かいましょう。

ちなみにですが、パタヤ行きの乗り合いバンの最終出発時間は18時です。
思っているより早いですよね。

パタヤまでは2時間半から3時間はかかると思います。

少し早めに最終出発時間が設定されているようですね。

遅く出て、パタヤに着いた頃は真っ暗であたりは誰もいないという悲劇は避けられそうです。

バスターミルの中は見かけほど、そこまで大きくないので、
迷う心配はありません。

建物の中に入ったら、奥の方に歩いてみてください。

ガラスにパタヤという文字が書かれているのですぐに見つけらると思います。

何よりそこらへんにいる客引きのおじさんが説明してくれるので、
だいたい大丈夫です。


 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ