タイの日常


タイの田舎町での移動手段

タイのシラチャは決して大きくはない町で日本の関東地方で言うところのどのくらいだろう。
東海道線沿線には無さそうだ。
相鉄線沿線や京浜東北線沿線にありそうな結構住み心地はよさそうな町というイメージ。

日本であれば大概の町には電車が走っていて、バスやタクシーもあるので移動するにもそこまで手間取ることはないだろう。

だがタイの地方としとなるとわけが違う。

まず当然電車は無いし、路線バスのように時刻表が停留所があるということも無い。

タクシーはというとほとんど見かけない。

大通りを行くタクシーはたまに見かけるが運賃の高いタクシーにわざわざ乗りたいと思う気にもならない。

じゃあどうやって移動すればいいんだろうとみんな思うかもしれない。

ローカルならではの面白い乗り物があるんです。

東南アジアに詳しい方ならイメージが付くかもしれないが、トゥクトゥクといった乗り物がある。
簡単に説明すると三輪のバイクの荷台を改造して人が二人くらい座れるようにしてある。

屋根は一応ついてるけど、ショック吸収のばねはついていないのでダイレクトに大地からの震動や衝撃を感じつつ、自然の風を体いっぱいに受けることが出来る。
だいたい10分くらいのって80バーツくらいかな。
ここタイでは結構割高。

お勧めはバイクタクシー。俗にいうバイタクがある。
要は90ccの原付バイクの後ろに乗っけてもらって行きたいところまで連れて行ってもらうのだ。
通常のバイクを使用しているだけあって、ショック吸収のバネが付いているので大地からのメッセージを受け取ることが出来なくなるが、体をいたわるにはこれはおすすめ。

ちょっと遠出をしたいなぁって思う時もあると思う。

海外に限らず国内でも同じ悩みかもしれないが、行きはよいよいと行くが、さて帰りはどうやって帰ればいいのってなりますよね。

ここでご紹介するのは乗り合いのミニバン。
トヨタハイエースが大通りを行ったり来たりしているので、手を挙げて止まってもらえばどこからでも乗れるのりもの。
日本で言う路線バスに近いものがあるかとおもう。

乗り合いバスだけあってか料金はかなりリーズナブル。
トゥクトゥクの半分くらいの運賃で20kmから30kmは載せてくれる。

クーラーも聞いているし、乗りあう乗車客も学生さんから主婦まで幅広く乗ってくるので、安全面も悪くない。

地元に根差したトランスポーテーションといるかと思う。

この乗り合いバスでパタヤまで行ったが、特に問題なかった。

タクシーばかりで移動するのもありだと思うが、ローカルの雰囲気を感じつつ安全に移動したという方には持って来いの移動手段だなぁと思う。

ただ、車の外や中に書いてある行先や注意事項は90%タイ語で書かれているので要ご注意を。


カテゴリ:タイ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ