シラチャからバンコクへの交通手段は格安のローカル乗り合いバン


乗り合いの大型バンというタイのもう一つの交通手段

タイに旅行や仕事で行かれる方にタイの交通手段をお伝えします。

とは言っても一般的な交通手段とは少し異なります。

交通機関には電車、タクシー、そしてバスというのが一般的かと思います。

多くの国でもこれが標準化されており、
タイでも電車、タクシー、バスというのが一般的です。

しかし、ちょっと都心部から離れると事情は異なります。

これらの主な交通手段は使用できません。

シラチャという町


私がいたのはシラチャという町。

バンコクから車で1時間半ほど離れたところに位置していました。

シラチャという地域には近郊に工業地帯があり、
そこに日本から出張や長期で赴任する方による、
ベッドタウンとして近年どんどん大きくなっている町です。

ただ、シラチャでの主な移動手段はトゥクトゥクという、
三輪バイクを改造して乗客を載せられるようにしたものや、
バイクタクシーと言って、普通のバイクに二人乗りして目的地に連れて行ってもらう方法が主なんです。

電車は当然走っていないし、
タクシーも滅多に見かけない。

スポンサーリンク


バスに至っては観光バスのような巨大なバスは道路を走っているが、
とても路上でバス待ちしている人たちのために
いちいち止まるような代物ではない。

長距離の交通手段は完備されていないと言っていいでしょう。

シラチャという町は観光地で有名なパタヤからも車で1時間ほどの距離に1時間ほどの場所にあります。

バンコクとパタヤの中間


ちょうどバンコクとパタヤの中間くらいに位置しているんです。

中途半端といえば中途半端な位置ですが、

都心部にも行けるし、パタヤというビーチ広がるリゾート地にも行けるし、
滞在先としては悪くないんですね。

ただ、問題は行くすべが無いということなんです。

ただ、1つ比較的安全で格安で行ける方法を見つけたんです。

それがタイのローカルでは一般的な乗り合いのバンです。

ショッピングモールの周りを歩いていたら、
客引きをしている周りに車が何台か停まっていました。

どうもどこかに向かう車のよう。

バンコク!バンコク!というような言葉は聞こえる。

停まっている車のボディーに書かれている文字は全てタイ語。

よく分からないながらもよく見ていると、
英語でバンコクと書かれている文字も発見。

おそらくバンコク方面に行くんだろうと予想できた。

ただ、なんとなく怪しさ満点。

怪しいというか何を信じていいか分からない。

信じるための要素が全く無い。

運賃を聞いてみると、
140THB。
日本円で500円もしない。

もう考えてしょうがないのでとりあえず乗り込むことにした。

スポンサーリンク


乗り合いバンでバンコクへ


バンコクまで1時間半、500円もしない運賃で行けるというのは魅力的だった。

トヨタのハイエースのような大きなバンの内装を少し改造して、
20人くらいは乗れるようになっていた。

乗客でいっぱいになるまで発車しない。

詰め込むだけ詰め込んでから、発車するようだ。

バンコク方面はいわゆる上り方面なので、
あっという間にいっぱいになった。

ローカルの人たちにとってはお馴染みの交通手段のようだった。

途中、乗り込んでいる人たちもいた。

車内はいっぱいだが関係無い。

少し腰掛けることができれば乗ってしまう。

乗り合いバンは狂ったような猛スピードで走っていく。

追い越し車線からものすごい勢いで抜いていくし、
前を走る車を煽るのは当たり前。

やりたい放題。

初めはジェットコースターに乗っているように感じたので、
気が気じゃなかった。

途中、突然降りろというから何かと思ったら、
ガソリンスタンドで給油。

満タンにしておけよと思いながらも他の乗客は当たり前のよう。

グーグルマップで現在地を確認すると、
バンコク方面には進んでいるようなので一安心。

給油後も相変わらず狂ったように走っていた。

終着先はバンコクの外れ


バンコクも近づいてきた頃、
また、突然降りろと言ってくる。

今度は本当に降りないといけないようだ。

どうやら終着駅にようだった。

てっきりバンコク市街の賑やかなところに下ろしてくれるのかと思えば大違い。

自分の考えの甘さを思い知った。

どこかの駅に降ろされたようだ。

後でわかったがバンコクにあるBTSという路線の一番端の駅だった。

なるほど。

バンコク付近まできたからあとは電車で移動してねということのようだった。

下手に渋滞するバンコク市街で時間を食うより効率的。

ここからまたバンコクに向かって旅を続けられる。

これだから東南アジアはやめられない。

さいごに


乗り合いのバンを利用するというのはいかがでしたでしょうか。

タイは基本的に英語が通じないので、
ローカルの交通手段を利用するのは簡単では無いし、
つい避けてしまいがちですよね。

でも、向かう方面や利用料金を最初に確認し、
GPSで常に自分の位置を確認しておけば大きな失敗は避けられるかもしれません。

特に運賃がローカル料金なので、旅費を抑えたいという方にはもってこいでは無いでしょうか。

電車やタクシーで行ける距離であれば、
それら公共の交通手段を使うに越したことはありませんが、

長距離移動で少し旅費を抑えたいときには1つの移動手段として考えてみてもいいかもしれませんね。

安全・快適な旅行をお楽しみください。

スポンサーリンク


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ