あなたのための仕事選び!海外を参考に避けた方がいい求人ベスト6


ある特定の職業に見える厳しい未来

販売訪問という言葉をご存知だろうか。
最近では全く見られなくなったので今の若い方は聞いたことはあるけど、
見たことはないという方も中に入るかもしれない。

百科事典や洗剤などを販売訪問していたのはすでに過去のこと。

遠い未来を考えると需要がなくなってくる職業というのは見えてくるもの。
科学は日々進歩する中、今後も永続的に需要のある職業をよく見極める必要がある。

今後、需要の減少が見込める6つの仕事をご紹介。
あなたの職業やこれから応募しようとしている仕事はありますか?

6.旅行代理店




旅行代理店に電話して旅行の申し込みをしたことはあると思う。
ただ、最後に電話したのはいつのことか覚えていますか?

JTBやHISのような旅行代理店は本当に人気の職業ですね。
JTBなんて文系の就職希望ランキングで7年連続の1位に選ばれるなど、注目度は止まらない。

でも、インタネットやスマホの普及により誰でもどこからでも安価で最適な航空券を調べることができる。

今後必要となるのはパソコンやスマホはなおのこと、
Wifiや便利な比較サイトをネットサーフィンする時間や
そこから無料で高い付加価値を持った新たなビジネスの参入だろう。

チケットの購入やホテルの予約をサポートする会社が衰退していくのは避けられないだろう。
今後10年間で、フライトチケットの予約やホテルの予約率は労働統計局によると、12%前後低下すると見られている。

だからと言って、旅行代理店への就職を諦めることはないでしょう。
どうしても旅行代理店に勤めたいという人であれば、
特定の目的地や特殊な興味・関心を持った旅行者に向けたサービスなど、
他のサービスとの差別化を図ったビジネスが狙い目かもしれない。

スポンサーリンク


5.宝石店


ダイヤモンドは永遠に。

宝飾品のエキスパートである職種は今後10%前後の減少が予想されている。

熟練した職人さん同士のほどほどの競争とあまり技能レベルの高くない職人同士の高い競争率が見込まれている。



こういった手に職をつけるような職業は、人より抜きに出た能力を持つ、もしくは苦労して磨き上げる必要があるだろう。

4.コールセンター


コールセンター、つまりは電話交換サービスのようなものでしょう。
もしもコールセンターで働くことを考えられてる方は少し思いとどまった方がいいでしょう。

自動化された電話サービスにより電話対応は格段に便利になり、
メールサービスの普及により手間なく効率的な連絡手段が増えている。



コールセンターに取って代わる通信方法はこれからますます増えていくでしょう。

労働統計局の調査では2022年までに13.2%前後の減少が見込まれている。

3.半導体関連


コンピュータ業界に興味を持っている方は今のご時世多いでしょう。
それはまた正しい選択とも言えると思います。

ただ、コンピューター業界と言っても幾重にも選択肢は広がっていくことだろう。
慎重に見極める必要があるでしょう。



求めている職種が半導体関連である場合、もう一度よく考えることをオススメしたい。
労働統計局の調べによると、需要は2022年までに27.1%減少することが見込まれている。

なぜ半導体関連の分野への需要が今後減少すると見られているのか?

主だった理由は半導体工場の自動化が影響している。
自動化されて工場の数が今後さらに増えると考えられており、
半導体関連の求人は大幅に減ることが見込まれている。

スポンサーリンク


2.郵便関連のサービス


毎日、毎朝決まった時間に届くものと言ったらなんだろう?

新聞ではないですよ。
それはメール。



すでに多くの人々がメールやインターネット上で請求書を受け取り、
SNSで友達と連絡を取ることで、最近は郵便ポストを除く習慣なんて全くないだろう。

労働統計局の調べでは、郵便職員や郵便振り分け業者を含む一部の郵便サービスは、
今後7年間で28%前後の減少を見通しており、最大で降下率はほぼ50%まで上るとみられている。

1.新聞記者


新聞記者という職業は今後どうなのだろう。

米国労働省労働統計局の調べでは、
報道や記者という職業は2012年〜2022年にかけて13%前後減少すると見られている。

こういった職業は実際のところ高い教育を受けてきた方が多く、
学士以上が求められ修士以上のレベルも必要となることがあるだろう。



テレビを見る人は減り、ラジオは聞かない、新聞なんてまっぴらごめんだって人だっているだろう。
実際、これら媒体の広告収入の減少は雇用の減少に拍車をかけている。


さいごに


やはりコンピューターの発達に伴う自動化。
それにより多くのサービス業が職を失う傾向にありそうだ。

科学の進歩が進むに連れ、一方では手に職を必要とする職業の技術力の低下も目立つ。
低い技術を持つ職人が多くなり、低いレベルでの争いが増えるというなんとも厳しい現実。
競争は厳しいが技術が一定のレベルになければ、満足のいく給料なんてもらえない。

報道や記者関係の職業はさらに悲惨だ。
高い学歴を伴う職業であり低い給料、そして需要の減少とこれらが組み合わさっている厳しい仕事。

人気はあるけど10年後はどうなの?
職業を選ぶときには一度は考えてもらいたい大切なことでした。

スポンサーリンク


【必見】あなたも知って得する海外で最も検索される10の求人

海外と日本は違う?将来ロボットに仕事が奪われそうな9つのJOB


カテゴリ:海外情報  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ