【必見】あなたも知って得する海外で最も検索される10の求人

海外情報

どの求人が最も検索されているのか

おおくの人が最も検索する求人とはなんなのだろう。

あなたの仕事は含まれていますか?

10.歯科医

コンビニよりも多いと言われる歯医者。
その統計通り求人検索される件数も多くなっているようだ。

歯科医の息子は歯科医になるだろう。
今後もこの求人検索結果に歯科医がのることは続きそうだ。

9.パーソナルトレーナー

夏なれば誰でも水着を着た時に引き締まった体を見せたいと思いますよね。
引き締まった体の陰にはジムのトレーナーの存在がある。
日本ではジムに通う人というのは海外に比べれば多くはないが、海外では仕事前や後に日課のようにジム通いする方も多い。

それだけパーソナルトレーナーの需要も高いということでしょう。

少し文化の違う背景がここにある。

[ad#asia-bottom]

8.会計関係

会計に関する求人は需要が高いようだ。
近い将来ロボットの将来ロボットに仕事が奪われそうな仕事でも紹介したが、
会計士という職業は今後人間に対する求人は減少するかもしれない。

そんな心配はよそに人々が会計士や監査マネージャーになりたいのかどうかにかかわらず、
会計関係の仕事に大きな関心があることは明らかだ。

7.キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは変わらず人気の求人のようだ。
数時間から10時間以上のフライトの間、ピーナッツを手渡してくれる人がどんな人かなってみんな気にするだろう。

求人ランク7位に入るくらいの人気は、まだ多くの人々にとって魅力的な職業のようだ。

6.大学教授

意外にも大学教授という求人が6位にランクイン。
大学教授という求人に高い需要があることには意味がある。明らかに、給料の水準は、経験や在籍大学、学校の規模、対象地域など、多くの要素に依存することになるが、大学教授になることを望んでいるすべての人々は、それら項目を確認して大学教授という給料を手にしたいという気持ちが強いのだ。

5.小児科医

医療関連職種の1つとして人気のある小児科医。
海外では小児科医が一体何をしているのか不思議に思っている方が多いようだ。
求人検索が仕事を必要としている医師によって行わていようと、
なぜ自己負担額がそれほど高いのかを疑問に思っている人によって検索されていようと、
依然として高い求人検索結果が見られる。

4.公立学校の教師

公立学校の教員給与や求人の検索は常にトップ5にある。
夏になれば学校はおやすみなるので、その間先生は何をしているのかというのはいつもホットな話題だ。

年収は5万3千ドルとそう高くはない。
年収に失望するのではなく給料アップのために闘い続けなければならない!

[ad#asia-bottom]

3.看護師

看護学校や医療業界のキャリアを考えている人は、看護師の求人を常に探している。
アメリカではナースプラクティショナーと言って、上級看護師への求人が高い。

簡単な診断や治療を認められている資格になる。

給料も高く魅力的な仕事だ。

2.エンジニア

機械エンジニアや化学エンジニア、航空宇宙エンジニアから電気エンジニアまで多くの求人がある。

1.理学療法士

最も求人検索された仕事は理学療法士。
高齢化社会が問題視されている中、理学療法士への需要が高まっている。

多くの人が高齢化社会への問題に着手し、理学療法の分野に参入している。
これからも引き続き研究は進み需要がさらに高まることでしょう。

さいごに

やはり給料が高かったり、資格を有する仕事への求人は多いようだ。
また、キャビンアテンダントへの人気が依然として根強い。

上位トップ5には学校の先生や医者、そして看護師がラインナップ。

これらの職業には納得がいくが、
エンジニアへの求人が多いのは海外ならではかもしれない。

最後の理学療法士というのはまさに現実をみた結果だろう。
日本に限らず海外の先進国では同様の問題に直面しているようだ。

給料や資格、そして将来への需要を反映した結果となっている。

[ad#asia-bottom]

海外と日本は違う?将来ロボットに仕事が奪われそうな9つのJOB

【加害者編】海外で交通事故を起こしてしまった場合の確実な対処方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました