【加害者編】海外で交通事故を起こしてしまった場合の確実な対処方法


日本も海外も基本は同じ自動車事故を冷静に対処する方法

海外で交通事故を起こしてしまった場合の対処方法をご紹介したい。

海外では滞在先の免許証を所持するのは初めてのことだったり、
入手方法を調べたり、色々な場所に行って手続きをしたり、
苦労する過程がおおく、免許証を手にした時の喜びは大きいもの。

さらに自分の車まで手にすることとなれば、
さぞ喜びは大きいだろう。

ただ、気をつけてほしい。
ここは日本ではないということ。

日本よりも事故率は高い。
いかに日本の道路が事故が起こりにくく作られていて、
日本人がモラルを守りながら走っているのがよくわかる。

対処への考え方は基本的には日本で交通事故を起こしてしまった場合と同じだが、
保険会社への対応が日本に比べると少し楽な点もある。

スポンサーリンク


1.けが人が出ていないか確認


自分ももちろんのことだが相手の身体に問題がないかよく確認が必要。

自分が加害者側であればなおさらのこと事故を負わしてしまったことへの配慮は欠かせない。

事故車が動くようであれば、交通に支障のない位置に移動させること。



2.警察を呼ぶ


けが人の確認が済んだら速やかに警察を呼ぶ。
救急車を呼ぶ必要があったとしても同時に警察を呼ぶことも忘れないこと。

警察による現場確認は必ず受けなければならない。

のちに自動車保険会社へ請求する際も、
警察による現場確認レポートのような書類がなければ、
保険会社へ請求することは絶対に不可能。

海外の警察・救急車の電話番号


海外に行ったら、時間のある時に警察や救急の際の番号は覚えておくのがいいだろう。

日本では警察が110、救急が119であるが、
アメリカでは911
イギリスでは999

マレーシアでも999。

イギリスの植民地であった国はイギリスにならい、
999であることがおおい。

時代背景も頭に入れておくと覚えやすいだろう。

昔は黒電話という古い型の電話が一般的だった。
9や0という数字を使うことで、
番号を入れる時に左から右に巻いて、また巻き戻るのに時間をかけるためと言われている。

そうすることで間違い電話やこころを落ち着かせるという意味もあった。



3.事故後すぐの写真をとっておく


警察が来る前に事故現場の写真を可能な限りとっておくこと。

周囲の状況やブレーキ痕もあれば必ず写真に残す。
お互い追い込まれた状況では後から何を言い出すかわからない。

ムダな争いをさけるためにも、事故後の様子は写真にとっておいた方がいいだろう。



示談や覚書き、念書は絶対にダメ


警察が来る前の間に事故相手がお金の要求や相手に有利な条件をふっかけてくるかもしれない。

何か紙に一筆書くよう要求されても断固拒否すること。
「保険会社と相談の上で話しましょう。警察が来るまで待ってください。」といい、
警察が来るまでは、相手と具体的な話をしてはいけない。

この点は海外においてはとくに意識する必要がある。

いずれにせよ相手のペースにならないよう注意すること。



保険会社への連絡は?


保険会社とのやり取りに関してはマレーシアに関してのみだが、
楽な点が1つだけある。

保険会社に連絡する必要が特にないということだ。

もちろん連絡して請求までにどんな書類が必要で車の修理や病院での費用をどのようにして、
申請すればいいのかきになるところだろう。

スポンサーリンク




マレーシアでの事故後のプロセス


マレーシアでの事故後のプロセスは思っているよりシンプルになっていた。

事故が起きる



警察に連絡もしくは救急車を呼ぶ



交通のジャマにならない場所に移動



警察と事故の状況を確認



警察の交通局のような場所へ同行する



必要書類に記入



事故証明書のようなものをもらう



完了

ここで事故にあった人とはおしまい。

とくに連絡を取る必要もない。

あとは保険会社の関連している修理工場に事故車を持っていき、
事故証明書、保険証明書、免許証、自動車登録証を提示すれば良い。

修理の請求は自動車の修理工場より保険会社へ行くのでこちらから何かをする必要もない。

何か困ったことがあれば保険会社へ電話してもなんの問題もない。

ちょっと面倒な保険会社との対応が全くないのが、
マレーシアの便利なところだ。



自分の住居の近くの道路交通局での支払い


事故を起こしたのが、自分の住んでいる州と事故を起こした場所が違う場合。

事故を報告する道路交通局は事故を起こした州に行く必要がある。

後日、自分の住んでいる州の道路交通局に行き、
報告する必要がある。
ここで費用がRM300ほど掛かる。



気をつけたいのはマレーシアには通常の警察と交通警察で事務所の場所が違うということ。

事前に交通警察の場所をよく確認しておくことをオススメしたい。
たらい回しにされる恐れがある。

さいごに


いかがだったろう。

海外で事故にあってしまうことほど最悪なことはない。

日本にいても事故対応なんてできればしたくないのに、
言葉も風習もちがう外国で事故に遭うほど、
困ることはないだろう。

しかし、やることは日本と基本的に変わらない。

事故相手のケア。
事故現場を写真に撮る。
警察を呼ぶ。

これだけは絶対にやらなくてはならない。
逆に言えば、これをやれば最悪のケースを避けられるだろう。

事故にあるなんて一生のうちにそうあるかわからないが、
相手のペースにならず、
強く自分を主張することを覚えておいてほしい。

スポンサーリンク


【加害者編】海外で交通事故を起こしてしまった場合の確実な対処方法

KL最高の綺麗で有名な夜景スポットSky Barからのツインタワー


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ