【ボーナスの仕組み】夏のボーナスを前に海外の賞与と比較してみた


そもそもボーナスへの理解は十分?

ボーナスというのは、企業のパフォーマンスを定義するもの。その定義がどのように評価され、そしてその評価基準がどのように、そしてどの程度基準を満たしているのか映し出している。

企業はそれぞれに類似した賞与基準を持っている。

その理由として、ほとんどの企業が業績の達成度に応じて給与額を決定する方法に賛同している。

ボーナスは2つの重要なファクターを基準にしている。

マネージャーの求める基準を満たしているか。 あなたの会社が求める要求についてどれほど正しく理解し、業績へ反映させているかということだ。

スポンサーリンク

目標値の設定

あまりにも目標の設定は高すぎても基準を満たすのは容易ではないし、

個人およびグループのパフォーマンス目標は設定が難しい。

本年度の収益が明確になれば、従業員は来年の業績目標を設定することができる。

しかし、役職社員は、業績がいちじるしい年に従業員の来年の業績目標を設定することは避けた方がいい。

それが起こると、従業員とマネージャーの両方が失望することがあるからだ。

こういった事態では、会社側は年末に従業員に賞与を与えて、

目標を達成できなかった分の損失分を補うことがしばしばある。

また、経営者は、適切な業績目標を設定することが困難である場合、

業績目標に必ずしも従わない賞与を裁量的なボーナスとして提供することがある。

賞与の評価基準と企業内のレベルによっては、個人の成果だけでなく、

プロジェクトメンバーや作業チームの成果によってボーナスが決まる場合がある。

一部の企業では、1つの基準に個人の達成基準を設定し、もう1つの基準に企業目標を設定し、

それぞれを考慮した配当制度を使用している。

賞与の配当制度

このような賞与の配当制度の場合、

実際のボーナスは、目標額の半分から目標の2倍にまで広がる。

一部の賞与の配当制度では、会社内の誰もがボーナスを受け取るために自社の目標を達成しなければならない場合がある。

例えば、ある企業では純利益に対する一定の最低割合を満たす必要があるかもしれない。

または一定基準の顧客満足度。 またはマーケットにおける一定の競争上のシェア確保。

この最低額は通常、ボーナス対象が満たされるために必要な額の80〜85%とされている。

非財務目標に当たるマーケットのシェアや顧客満足度などを含めることは、

企業の経済的健全性を示し、運用措置への深い理解を反映する比較的新しい考え方である。

目標の数には、主要な責任だけでなく、組織全体の関係をどのように管理するかという変数も含まれている場合、

賞与の評価基準は「バランススコアカード」と呼ばれるものになる。

このアプローチは、企業への貢献度の高さを評価するという複雑さを認識し、

その成果を包括的に評価できるので人気が高まっている。

スポンサーリンク

ボーナス配当の範囲

インセンティブボーナスは高い動機づけとなることを意図している。

従業員に責任を果たさせ、たかい成果をもたらすために報酬を与えるように設計され、

目標賞与額とそれに関連する報酬は、期待されるパフォーマンスレベルの範囲を反映している。

勝利数に基づいてインセンティブを受ける野球投手を考えてみて欲しい。

12試合に勝つと100万ドルを得ることができる。

15試合に勝ったら3百万ドルを得て、 20試合で7百万ドルを得ることができるとする。

これがインセンティブボーナスプランと呼ばれるようなもの。

ボーナスプラン該当者として、あなたの能力に合ったレベルで成績をあげられた選手と言うこと。

あなたに与えられた目標が非現実的であれば、トラブルをさけるため企業側と話し合いを設ける必要があるだろう。

年間インセンティブボーナスプランは、企業があなた自身とあなたの持っている期待を踏まえて構築される。

ボーナスプラン該当者は、最小限の受け入れ可能なパフォーマンス(つまり、上司がそれに満足し続けるために)を達成し、ボーナス支払いを90%受け取り、パフォーマンスの目標レベルを達成するか、少なくとも60%以上達成することが期待できる。

期待されるパフォーマンスレベル 難易度   達成可能性 目標の機会に対するパーセンテージとしての配当

最小値(許容値)          目標の80%    90%          50%

ターゲット            -       60%          100%

最大            ターゲットの120%   15%          200%

出典:Salary.com

仮に目標ボーナスが基本給与100,000ドルの内の20%で、最大の成果を出せたとする。

つまり、20%のボーナスの200%、つまり40%のボーナスを得ることになる。

これにより40,000ドルの配当を得ることができると言うこと。

($ 100,000 x 20%(あなたの目標ボーナス)X 200%(ペイアウトレベル))


General Mills Monopoly = Awesome.



ほとんどの業種で、目標ボーナスの割合は似ており、給与によって異なる。

例外として、ハイテクおよび投資銀行業界が含まれ、非営利団体や医療機関では、ボーナスはほとんどない。

一般的な給与に対するボーナスの割合(ドル表記)

基本給          目標ボーナス(%)

$ 75,000未満        0 *

$ 75,000〜$ 99,999   10-15

$ 100,000〜$ 149,999   15-20

$ 150,000〜$ 199,999   20-30

$ 200,000〜$ 299,999   30-40

$ 300,000〜$ 499,999   40-60

50万ドル以上        60〜100

*この範囲のボーナスは典型的ではなく、報酬を得た場合、通常は任意である。

スポンサーリンク

あなたはマレーシア居住者?非居住者?恐ろしい183日ルール

【海外就職】英語の前に考えてほしい海外転職者必見の3つのこと


カテゴリ:海外情報  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 



メールアドレス  *

ページの先頭へ